Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
19016_mdc5mmnhmzdknzk4o

 

いのちの音色に忠実に生きよう。

あなたを響かせ、響奏しよう。

 

天命ストーリーライター

ろっぺんです。

 

 

自分の音色に忠実に生きる。

天命ストーリーを引き出し、天命、天職に生きる


起業家&表現者「天命パフォーマー」を育てています。

 

 

---
<プロフィール>

人、社会からの評価を求め、お金のため、キャリアのため、

大企業で管理職に。

終わりのない「もっと」のため、いのちを削って歯車のように

働いていました。

娘の出産、いのちのまま生きる姿が生き方、働き方の転機となり、

起業を志すも、最初は会社、肩書きの代わりとなる資格を

求めたこともありました。

でも、「自分を演じるから苦しい」

ある時から根本からあり方、やり方を見直し、現在は起業を志すも

自信がなくて不安、なかなか軌道にのらず悩む人たちの

心の土台からやり方まで徹底サポートしています。

 

生きることは表現すること。

すべての人が天命、いのちの目的を果たそうと生まれ、

その人生のストーリーが伝える使命に生きて、

天職で人々の喜び、自身の喜びにつながる表現者となれる。

 

志とともに純度高く自分を生きることが仕事となる、生き方、働き方、

表現の実現と、天命、天職で人々に貢献する喜びに生きる

「天命パフォーマー」の育成にも力を入れており、

本メルマガでもそのエッセンスをお伝えしています。

 

 

 

フレデリック・ビュークナーは「天職」をこんな風に美しく定義しています。

「あなたの深い喜びとこの世の必要が出会う場所」

 " The place where your deep gladness meets the world's deep need"



あなた自身の深い喜びとこの世の必要が出会う場所へと

導かれていきましょう。

すべての人生はその地への美しい旅路です。

 

 

使命は、「いのちの音色に忠実に生きて、天命・天職で響き合う響奏の場を結ぶこと」

 

 

 

 

【※ご注意】以下を必ずご確認ください。

【お願い】
 
携帯(ガラケー)メールアドレスでのご登録は不可とさせていただいています。
 
gmail, yahoo など、PCメールアドレスでご登録をお願いいたします
 
 
*メルマガ登録画面のメール受信方法は、必ず「パソコン、スマートフォン」を
 
選択してください
 
 
----------------------------------------- 

リザストアプリで購読すると、文字化けせず、

おすすめです。

「ろっぺん」で検索すると本メルマガが表示されます。

アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------

 

  

ろっぺん (鈴木 智子)

 

 

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert
天命ストーリーライター / 発酵道 / ひふみ神示..

ろっぺん(鈴木 智子)

Mission
人々が響きあう自然を取り戻し、内外の自然と共生・共鳴を果たすこと
Senmon
天命ストーリーライター / 発酵道 / ライティング / ひふみ神示

天命ストーリーライター
発酵道ラボ主宰

これから、私たちはいかに生きるべきか。
生きとし生けるものたち、微生物たちに学ぶ、発酵する生き方。
いのち本来の自然に生きる生きる生き方を、発酵道、天命ストーリー、ひふみ神示を通じてお伝えしています。

0.1%の人たちに支配されていた腐らない貨幣経済が終わりを迎えようとしています。腐らない貨幣がいくらでも生み出されている経済が終わります。わたしも、本当に偶然、とあるきっかけでそれを知る機会に恵まれました。ある書籍の翻訳に参加して、知らないことだらけの衝撃。ショックなこともたくさんあり、愕然とする内容の数々。でもそんな灰色の支配からこの世界を救おうと立ち上がってくれた人たちによって、地球は、世界は生まれ変わろうとしています。

それなのに、ほとんどの日本人はかつての私同様、知りません。日本人の巫女のような受容力の高さは、すばらしいものです。でも、今時点では、その受容力は、諸刃の剣。不自然であっても、違和感があっても、仕方ないと受け入れてしまう。支配、洗脳されたまま、その生き方で満足する道を見つけるしかない。自らそのような生き方を選択してしまう。この世界はまさに変わろうと、激変のさなかにあるのに、日本だけが変わっていません。
それゆえ日本の目覚めは世界一遅いと言われてしまっています。

本当にこれでいいのでしょうか?
こどもたちにまでそのような生き方を受け継いでしまっていいのでしょうか?

真実を知ることや翻訳と前後して、発酵道やひふみ神示、これからどうしても伝えていきたいと思うものに出会いました。私自身、海外にあこがれ、海外も見てきたけれど、ちゃんと伝えるべきものが日本にあるのです。
発酵する生き方、そして、ひとりひとりに宿る神を張り、神を満たし生きること。それまで私が追求し伝えつづけていた天命、天職に生きる生き方とも通じる、自然を取り戻し、本来の自然に生きることつながっていました。

どんな小さな微生物たちも、それぞれに宿っている神さまを満たして、天命を全うしています。
腐ることは悪いことではありません。腐るのも自然の営みのひとつ。悪いものは腐らせてくれる微生物たちがいて、腐り、還る。そうしてめぐるのが自然の営みです。

わたしは、日本が大好きです。私たちが日本に生まれてきたことを誇りに、大切にしたい。
でも、今私たちの住む日本は、ちゃんと腐らせるべきものは腐らせ、めぐり、循環させ、そして心、魂、身体を満たし、発酵させるべきものを未来に残さなければなりません。

ライティングや、発酵道、ひふみ神示の伝承を通じて、本来の自然を取り戻し、響きあう、発酵する生き方をお伝えしています。この日本に生まれたひとりとして、あなたのいのちを心置きなく響かせてください。

--- ---
屁聖(へせい)・ろっぺん by 大仏師匠
時には可愛く、時には華麗に、時にはクールで、時には切なく、自由自在に屁の詩をつむぎだす天衣無縫のへーティスト。
この世の森羅万象を一枚の色紙に封じ込める筆技「聖(セイント)にぎりっぺ」が放たれると、感動と香りで依頼人の9割は気を失う。気を失わない1割に出くわすと、逆に本人がハシビロコウの如く緊張し、「人間だもの」しか言えなくなるのが唯一の弱点。

屁聖ろっぺんの理念:「みんな、おならもん。」
岡本弥太詩賞 最優秀賞受賞 / 『詩とファンタジー』掲載

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2020 Tomoko Suzuki All Rights Reserved.
Powered by reservestock