Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_aa Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
現在販売している商品はありません。
 
 
 
 
Profile
Expert
天命ストーリーライター / 発酵道ラボ主宰

ろっぺん(鈴木 智子)

Mission
いのちの音色に忠実に生き、天命・天職で響きあう響奏の場を結ぶこと
Senmon
天命ストーリーライター / 発酵道ラボ / ライティング / 詩 /

天命ストーリーライター
発酵道ラボ主宰

発酵道ラボとは、「発酵道」×「天命ストーリー」×「仕組み化」でお金、時間、生き方の自由を実現し、腐らない貨幣経済の奴隷から自由になって響き合うための学び場です。

子供の頃に読んだミヒャエル・エンデの『モモ』。私は「モモのようになりたい」と思いながらも、「この世界はモモのようには生きられない」心のどこかでそう感じた小学生時代から、すっかり灰色の世界の住人となって生きていました。
自動車メーカーで管理職となったのも、どこかで違和感を感じているのに、お金の不安、評価を求めていたし、自らの労働力の対価としてお給料をいただく以外の生き方、働き方を知ろうとせず、そして、する勇気がなかったから。
でも、この腐らない貨幣経済の奴隷となって苦しんでいるのは従業員だけではありません。多くの企業が利益至上主義から抜け出すことができず、今の資本主義社会、貨幣経済の歯車のひとつに組み込まれてしまっているのです。

今の生き方、働き方ではならないと真剣に考えるようになったのは娘が生まれてからのこと。この子たちのためにも、今までの「当たり前」以外の生き方、働き方を見出さなければと、独立し、2020年から発酵道ラボを始動させました。
このラボは生きとし生けるものたちに学び、変容しつづけることに心開く場です。
等身大の幸せを知り、競争から共創・響奏の生き方へシフトする。時間、お金の自由とともに心から願う生き方を丁寧に表現する。いのちのもつ個性、才能で響き合い、互いに生かされあう経済圏をつくることが本当の自由、幸せな生き方と繋がっていると思うからです。

もし、今の生き方、働き方に心のどこかで違和感を感じるのなら、それはいのちが願い続けている「生きるべき物語」に呼ばれているからです。なんらかの犠牲や奪い合いによってもたらされる「偽の笑顔」ではなく、いのちの喜びを表現して響奏する生き方、働き方を実現したい方と出会えることを私も楽しみにしています。
--- ---
屁聖(へせい)・ろっぺん by 大仏師匠
時には可愛く、時には華麗に、時にはクールで、時には切なく、自由自在に屁の詩をつむぎだす天衣無縫のへーティスト。
この世の森羅万象を一枚の色紙に封じ込める筆技「聖(セイント)にぎりっぺ」が放たれると、感動と香りで依頼人の9割は気を失う。気を失わない1割に出くわすと、逆に本人がハシビロコウの如く緊張し、「人間だもの」しか言えなくなるのが唯一の弱点。

屁聖ろっぺんの理念:「みんな、おならもん。」
岡本弥太詩賞 最優秀賞受賞 / 『詩とファンタジー』掲載

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2020 Tomoko Suzuki All Rights Reserved.
Powered by reservestock