PR
PR
44766_banner_image
39512_233ea9c6-665e-4a28-b948-53a07d50eba0

PROFILE

ママと子のいい加減探しのお手伝い〜生きるって、なかなか素晴らしい☆〜

まるまる育児アドバイザー

竹内 里香

幼い頃から、妙に赤ちゃんからモテました。

いろいろと遠回りをしながらも、やはり赤ちゃんに関わるお仕事に舞い戻ってくる、人生の不思議さを感じています。

心の学びを通して、『今の現実』は私が選んで創り出してきたんだと愕然とし、また壮大さに唖然とするを実感中。でも、「私は、こっちを選ぶんだ!」と心に決めて生きてみると、私を取り囲む世界は、ほんわり柔らかく、優しい。そんなことを思いながら、毎日、一生懸命に生きてみよう!と思っています。

私のできること☆

赤ちゃんの心地のいい抱っこをお伝えします。

赤ちゃんの気持ちのいい探しも得意です。

赤ちゃんの発達で悩んだら、こんな遊びしてねとお伝えできます。

子育てでしんどくなったら、肩の力の抜き方をお伝えします。

ほんわか柔らかく、優しい世界にナビゲートします。

保有資格等
保育士

まるまる育児アドバイザー

スリングアドバイザー

離乳食アドバイザー

HITキャラクトロジー心理学協会認定講師(子育て・ベーシック・恋愛)

プロフィール

たくさん遠回りしたけれど・・・

 

3人姉弟の真ん中に生まれました。

姉は、一番上だけに、いろいろと手をかけられ、

弟は、色白でなんともかわいくて、待ちに待った男の子。

私は、色黒で、「かわいい」とは言ってもらえなかったらしい…(笑)

 

生きるすべとして、身を着けたのは、ニコニコとお愛想を振りまくこと。そして、それが私の生きる道と信じ、世渡りをしてきたのだと思います。人懐っこい私は、それはそれで、親戚からかわいがられました。

母には、とうに見抜かれていて、

「外ではニコニコとして、家の中では、むすっとしてっ!」という言葉に傷つき、「そんなことないもん!」と心の中で怒りながらいたことを思い出します。

 

また、一方で、3人姉弟の真ん中の自由さを謳歌していました。

 

ニコニコと愛想を振り撒き、自由に見える私、よくドジをする私、顔色を見る私を、それはそれで母には憎たらしかったのでしょう。

イライラとした感情と傷つく言葉と暴力。怒られないように行動することだけを考え、何か失敗した時は「怒られる…」と恐怖におののいていました。家に帰って見るのは、いつも母のご機嫌で、「今日は、機嫌がいいですように」と神さまにお願いしながら帰っていました。

 

超合金のガチガチの鎧とマスクを身にまとい、『いい子』と『できる子』を演じて、幼い私なりに、生きていく方法を手に入れたのだと思います。

 

10代20代の時は、家に帰るのが怖いので、毎日習い事や仕事という自分の居場所に逃げ、まさに自由を謳歌しているように見える私。家で、母と2人になることが怖くて仕方ない。この頃は、子どものころより、ひどい暴言と暴力、束縛。私は「もう母のために、生きたらいいのだ」と人生を諦めていました。そして、人生の底を迎えた30代。

 

理想的な自分と内面の不整合さ、

人付き合いのうまくいかなさや空回り、

家族との痛い痛い関係で

苦しむようになりました。

 

自分がわからず、何が得意なのかわからない。

何がしたいのかわからない。

このまま、私は、年を取り、おばあちゃんになるの?

人を好きになるって気持ちがわからない。

自分から死ぬのはできないけれど、誰か私を殺してくれないかな?

と、生き方迷子の私でした。

 

 

それが、次第に人生は転がり出すものなんです。

 

きっかけは、『自分のために』動いてから。

 

父が病気で亡くなってから、1年後、ようやく一人暮らしを始めました。やっと自分の居場所ができ、ゆっくりゆっくりと、人生が動き出したように思います。

 

好きなことを見つけ、

居場所だと、しがみついていた仕事を辞め、

結婚をし、

乳がんになり、

その療養中のぽっかりあいた時間に

ふと、キャラクトロジー心理学協会の1day講座を受けました。

やっと、癒すことを選んだ私。

「ここだよ!こっちに来て世界を見渡してごらん」とばかりに、HITキャラクトロジー心理学協会へ導かれ、「もっと!もっと!」と、乾いた喉を潤すように、心の学びを深めていくようになりました。

 

この生きづらい現実は、自分が創り上げてきた。

無自覚に生きるって、こんなに恐ろしいことなんだと理解し始めた時、やっと

 

私の使命が見えてきた!!

 

今、まさに、生まれてくる命、生まれたばかりの赤ちゃんに携わっている私のできること。ママを癒し、これから大きくなる子どもたちへ世界はほんわり柔らかく、優しいことを伝えていくこと。

 

それが、私のできること。

 

**************************

誤解して得た生きる術は、私なりに必死で頑張ってきた証拠なんだと認め、そんな私を労い、愛おしく思います。そして、これからは、自分が、世界を創造することを自覚して生きていこう!

そして、私に関わる全ての方から、ほんわかとした温かさや幸せを届けていこう!

 

と、宣言します( `ー´)ノ