PR
PR
38257_banner_image
35112_img_9323

PROFILE

子育て中のママやパパに片付けの大切さと片付けを通して親子・夫婦関係をより良好にする

整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター

いけだゆみ

「子どもの生きる力をはぐくむ」片づけカウンセラー

/ いけだゆみ

藤沢・湘南エリアを中心に “一人で頑張らない!”

「家族もわかる・できる」片付けを提案。

元・片付けられない女 代表。

歯科技工士として先生や衛生士と患者様の希望に寄り添い、歯型模型と向き合う。

家にはいつもいろんな「山」ができ、探し物の毎日。

育休復帰を機にさらに「思い通りにいかない家事・育児」

家族にあたり、自己嫌悪を繰り返す日々を脱すべく、片付けを学び実践。

家が整い、探し物が激減し時間と心にゆとりが持てるように。

最後までうまくいかなかったのは 「家族の片づけ」。

そこで出会ったのが「一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所」(通称:ファミ片)

「片付く仕組みづくり」だけではなく大切なのは「関わり方」と知る。

子どもとの片づけバトルが減り、家庭内の雰囲気が良好になる。

「家族の気持ち」に寄り添うことができるようになり、母として妻として女性として子どもの成長と自分のさらなる変化を楽しみながら毎日過ごしている。

「ママの笑顔は家族の笑顔。」

笑顔の循環で世界を救うため、片付けや開業準備・セミナー・相談・サポートなどを実施。

〈お客様の声〉

「自分もお客様も心地よい空間となり、楽しく仕事ができています」

「片づけ方がわからなかったが物と頭の整理ができました」

「子供と片づけについて会話する機会が持てました」  など多数。

〈プライベート〉

・1981 年生 東京出身。

・夫と長男(2013) 次男(2015)長女(2017)と日々の変化を楽しみながら暮らす。

保有資格等
親・子の片づけマスターインストラクター(2級認定講師)

整理収納アドバイザー1級

Scan Snapアンバサダー

顎咬合学会認定 歯科技工士

市の企画講座 / 公民館「子育てサロン」/ 幼児教育 /家づくり学校などでの講座開催

プロフィール

「子どもの生きる力をはぐくむ」片づけカウンセラー
/ いけだゆみ

藤沢・湘南エリアを中心に “一人で頑張らない!”
「家族もわかる・できる」片付けを提案。

元・片付けられない女 代表。

歯科技工士として先生や衛生士と患者様の希望に寄り添い、歯型模型と向き合う。


家にはいつもいろんな「山」ができ、探し物の毎日。
育休復帰を機にさらに「思い通りにいかない家事・育児」
家族にあたり、自己嫌悪を繰り返す日々を脱すべく、片付けを学び実践。
家が整い、探し物が激減し時間と心にゆとりが持てるように。

最後までうまくいかなかったのは 「家族の片づけ」。
そこで出会ったのが「一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所」(通称:ファミ片)
「片付く仕組みづくり」だけではなく大切なのは「関わり方」と知る。

子どもとの片づけバトルが減り、家庭内の雰囲気が良好になる。
「家族の気持ち」に寄り添うことができるようになりました。

母として妻として女性として子どもの成長と自分のさらなる変化を楽しみながら毎日過ごしている。

「ママの笑顔は家族の笑顔。」
笑顔の循環で世界を救うため、片付けや開業準備・セミナー・相談・サポートなどを実施。

 

 

〈お客様の声〉
「自分もお客様も心地よい空間となり、楽しく仕事ができています」
「片づけ方がわからなかったが物と頭の整理ができました」
「子供と片づけについて会話する機会が持てました」  など多数。

〈プライベート〉
・1981 年生 東京出身。AB型
・夫と長男(2013) 次男(2015)長女(2017)と日々の変化を楽しみながら暮らす。

 


35112_njjlmju5owy4ownkn
どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?


春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。


誰をどのように幸せにしたいですか?
目指すとことは何ですか?


色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。


見出しのメッセージ
このランディングページをごらんの方へメッセージ






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。


このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4
 
このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる