18183_banner_image
16705_img_20220324_125737

PROFILE

人が人を信じ、自分自身を表現することができる世界作りに貢献する

パステルアロマ®セラピスト

鈴木えりこ

新潟生まれ、東北育ち。

 東北の四季、自然の豊かさに囲まれ、

 家には海外の写真がたくさん飾られてある

 本を読むのが好きな女の子でした。

 

 大学時代にはバックパックを背負って

 20か国以上の国へ。

 

 卒業後は、専門を生かして、

 青年海外協力隊、国際交流基金派遣専門家として

 ベトナム、モンゴルに8年赴任。

 

 パートナーの突然死、

 がんとの共生生活、

 東日本大震災被災、他県へ移住、

 看護師免許を取得などなどの経験をする。

 

 看護の仕事の中で

 「自分はどうありたいか」を見つめるようになり

 25年会わずにいた父親に再会。

 

 一方で、仕事のあり方に悩み、

 高校時代から心の奥にもってきた使命を果たすビジョンを

 どうすれば実現できるか模索し始める。

 

 全ての経験から

 人生のカルマ、トラウマに向き合い、

 「自分がどうありたいか」に真摯に向き合い、

 少しずつ人生の重荷を捨て始める。

 

 その過程で

 パステルアロマ®に出会い、

 言葉にしにくい経験をした場合の

 言葉の必要ない会話に役に立つと直感、

 パステルアロマ®を学ぶ。

 

 現在、色や香りの力について学びを深めつつ

 パステルアロマ®セラピストとして活動。

 

 「自分はどうありたいか」の次の段階から最近、

 「私でなければこの人生を生きられなかった」が見えてきたところ。

 

 《趣味》

 旅行

 世界や社会の仕組みを知ること

 アート(芸術や技術)に触れ、人間の可能性を感じること

 

 《能力》

 どんな状況、どんな人にもよい点を見つけ出すこと

 

 《使命》

 過去の出来事に囚われて生きている人への寄り添い

 そこからの解放のサポート

 

 

 

 ********************

 

 看護師

 NARDアロマテラピー アドバイザー

 パステルアロマ®セラピスト

 現在今自分帳ワンデーセミナー認定講師

看護師
パステルアロマ®セラピスト
NARDアロマテラピーアドバイザー
現在今自分帳作成ワンデーセミナー認定講師

プロフィール

新潟生まれ、東北育ち。
東北の四季、自然の豊かさに囲まれ、
家には海外の写真がたくさん飾られてある
本を読むのが好きな女の子でした。

大学時代にはバックパックを背負って
20か国以上の国へ。

卒業後は、専門を生かして、
青年海外協力隊、国際交流基金派遣専門家として
ベトナム、モンゴルに8年赴任。

パートナーの突然死、
がんとの共生生活、
東日本大震災被災、他県へ移住、
看護師免許を取得などなどの経験をする。

看護の仕事の中で
「自分はどうありたいか」を見つめるようになり
25年会わずにいた父親に再会。

一方で、仕事のあり方に悩み、
高校時代から心の奥にもってきた使命を果たすビジョンを
どうすれば実現できるか模索し始める。

全ての経験から
人生のカルマ、トラウマに向き合い、
「自分がどうありたいか」に真摯に向き合い、
少しずつ人生の重荷を捨て始める。

その過程で
パステルアロマ®に出会い、
言葉にしにくい経験をした場合の
言葉の必要ない会話に役に立つと直感、
パステルアロマ®を学ぶ。

現在、色や香りの力について学びを深めつつ
パステルアロマ®セラピストとして活動。

「自分はどうありたいか」の次の段階から最近、
「私でなければこの人生を生きられなかった」が見えてきたところ。

《趣味》
旅行
世界や社会の仕組みを知ること
アート(芸術や技術)に触れ、人間の可能性を感じること

《能力》
どんな状況、どんな人にもよい点を見つけ出すこと

《使命》
過去の出来事に囚われて生きている人への寄り添い
そこからの解放のサポート


********************

看護師
NARDアロマテラピー アドバイザー
パステルアロマ®セラピスト
現在今自分帳ワンデーセミナー認定講師









どういう使命感のもとこの仕事をしていますか?



新潟生まれ、東北育ち。
東北の四季、自然の豊かさに囲まれ、
家には海外の写真がたくさん飾られてある
本を読むのが好きな女の子でした。

大学時代にはバックパックを背負って
20か国以上の国へ。

卒業後は、専門を生かして、
青年海外協力隊、国際交流基金派遣専門家として
ベトナム、モンゴルに8年赴任。

パートナーの突然死、
がんとの共生生活、
東日本大震災被災、他県へ移住、
看護師免許を取得などなどの経験をする。

看護の仕事の中で
「自分はどうありたいか」を見つめるようになり
25年会わずにいた父親に再会。

一方で、仕事のあり方に悩み、
高校時代から心の奥にもってきた使命を果たすビジョンを
どうすれば実現できるか模索し始める。

全ての経験から
人生のカルマ、トラウマに向き合い、
「自分がどうありたいか」に真摯に向き合い、
少しずつ人生の重荷を捨て始める。

その過程で
パステルアロマ®に出会い、
言葉にしにくい経験をした場合の
言葉の必要ない会話に役に立つと直感、
パステルアロマ®を学ぶ。

現在、色や香りの力について学びを深めつつ
パステルアロマ®セラピストとして活動。

「自分はどうありたいか」の次の段階から最近、
「私でなければこの人生を生きられなかった」が見えてきたところ。

《趣味》
旅行
世界や社会の仕組みを知ること
アート(芸術や技術)に触れ、人間の可能性を感じること

《能力》
どんな状況、どんな人にもよい点を見つけ出すこと

《使命》
過去の出来事に囚われて生きている人への寄り添い
そこからの解放のサポート


********************

看護師
NARDアロマテラピー アドバイザー
パステルアロマ®セラピスト
現在今自分帳ワンデーセミナー認定講師



色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。



このサービスの特徴
  • 特徴1

  • 特徴2



  • 特徴3
  • 特徴4

このサービスの流れ
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
注意事項
  • 1 サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列
  • 2 ンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サ
  • 3 プル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サン
  • 4 ル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプル文字列サンプ
最後にひとこと








色を変えたい場合は ツール の ソースコードを変更することで変えられます

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。

春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。








春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢飛びちがひたる。雨など降るも、をかし。
秋は夕暮。夕日のさして山端いと近くなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ二つなど、
飛び行くさへあはれなり。まして雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆる、いとをかし。日入りはてて、風の音、蟲の音など。
冬はつとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜などのいと白きも、またさらでも
いと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、
ぬるくゆるびもていけば、炭櫃・火桶の火も、白き灰がちになりぬるは わろし。






春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる





PR
smtp08