Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
22016_yzg5mjjkm2zkyza0z

バイロンケイティのワーク
入門ワークショップ

大変革時代に柔軟に対応できる心を育む、マインドのヨガ
このような方にオススメ
不安やストレス、恐怖、疑い、怒りなどネガティブな感情を感じるすべての人へ
期待できる効果
思考を信じている時に苦しみ、そうでないときには苦しまないことに気づくと、そこにある幸せが勝手にわいてくる
2381_ywiwowm2ntk4n_1?1588638488
2381_img_20170827_113214 (1)

ストレスや苦しみから自由になれる「問いかけの力」

バイロンケイティのワークへの入門ワークショップ

 

人生を変える4つの質問 「ザ・ワーク」(ダイアモンド社)の本で知られる

バイロン・ケイティのワーク。

英語の原題は“Loving What IS(ありのままを愛する)”。

 

犬はワンとなき、猫はニャアとなきます。

でも、猫をワンとなかせようとしても無理ですよね。

どんなに頑張っても、猫はニャアとなき続けるでしょう。

 

これは笑い話のようでが、わたしたちが「現実=あるがまま」と戦っているときは

同じことをやっています。

「猫はワンとなくべきた」

「夫はたばこをやめるべきだ」

「うちの子はもっと社交的になるべきだ」

「恋人は毎日連絡してきてほしい」

「上司はもっと優しく説明してくれる必要がある」

「友達は自慢話ばかりするべきではない」

「母親は私の将来をそんなに心配するべきではない」

「父親はもっと私に優しく接するべきだ・・・・・・」。

 

これらの考えは本当でしょうか?

絶対に本当だと言い切れるでしょうか?

 

猫はニャアとしかなかないのに猫はワンとなくべきだという、

その考えを信じていると、私たちはどうなるでしょう?

 

そして、この考えがないと、私たちはどうなりますか?

 

私たちの心を乱すのは、現実に起きていることではなく、

起きていることに対する考えであるとしたら?

 

多くの人は、すでにそれに気が付いています。

ただ、どうやったら「現実」を、あるがままとして見ることができるのか、

色眼鏡をはずして、中立に見る方法がわからないのです。

 

バイロン・ケイティのワークでは、4つの質問と置き換えにより、

「現実ーありのまま」そのままの姿を、全体的に、俯瞰的にみることを可能にし、

「いま、ここ」の気づきを育みます。

 

その気づきとは、脳科学で言うメタ認知力なのではないかと私は思っています。

メタ認知力がはぐくまれ、物事を全体的に、俯瞰的に眺めることができると、

思考の粘着力が弱まり、思考の方から離れて行ってくれるらしいのです。

 

このワークショップでは、

ワークの基本の4つの質問と置き換えを、

少人数グループで体験ししながら、

ヨガで筋肉をほっぐすように、

マインド(心)の筋肉や組織をほぐし、

柔軟で対局のものの見方を養います。

 

いきなりトラウマなど、難しい問題から取り組むよりも、

日ごろイラッとさせられること、

ムカッときたことなどを例にとり、

ワークをやってみりといいかもしれません。

 

そこで何が見つかるか、わくわくしながら見てみませんか?

オープンマインドだけ持ってお越しください。

 

2381_img_20170827_113303

現在開催予定はありません

お問い合わせ先いがらしかおり
お問い合わせ先電話番号08013234284
お問い合わせ先メールアドレスkaorigarashi@gmail.com
内なるワークを通して、  柔軟でヘルシーな心を育み、  意識の進化をファシリテートすること
Professional
 
 
 ファシリテーター
いがらしかおり
内なるワークを通して、 柔軟でヘルシーな心を育み、 意識の進化をファシリテートすること
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーター(2019年取得)
●エサレンマッサージプラクティショナー(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲームファシリテーター(2005年取得)
●フルフィルヒーリング(2000年)
思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、トランスフォーメーションゲームや、バイロンケイのザ・ワークなどに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。
 
 
 
 
 
Profile
Professional
ファシリテーター

いがらしかおり

Mission
内なるワークを通して、 柔軟でヘルシーな心を育み、 意識の進化をファシリテートすること
Senmon
バイロンケイティのワーク ストレスやブロックからの解放

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーター(2019年取得)
●エサレンマッサージプラクティショナー(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲームファシリテーター(2005年取得)
●フルフィルヒーリング(2000年) 思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、トランスフォーメーションゲームや、バイロンケイのザ・ワークなどに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。

  kaorigarashi
B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock