Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
自然農法家・橋本進さんの
自然農法連続講座2021
@RICO TERRACE
このような方にオススメ
期待できる効果
愛と喜びに満ちた世界を共に創造しましょう♪ わたしたちにはそのパワーがあるんです♪
Professional_s
 
 
 
西野理子
愛と喜びに満ちた世界を共に創造しましょう♪ わたしたちにはそのパワーがあるんです♪
 
ソウルブレッシングメイクアップマスターアーティスト
フラーレンプレミアムクリエイター
フラーレンプロテクションプロ
フラーレン制作ワークショップ認定講師
フラーレンプロテクション伝授認定講師
アロマハンドFABセラピスト
「ゆの里・月のしずく」正規販売店
自然農法家・橋本進さんの自然農法連続講座主催
岡本よりたか無肥料栽培連続講座受講修了
元航空管制官

【大阪・和歌山・その他・オンライン】

もう自分をごまかさない!
自分がほんとうにやりたい暮らしをする!
と生活の大転換を決意。

2017年末に21年間務めた、
航空管制官(国家公務員)を辞職
2018年3月和歌山県紀の川市に移住

雑穀、野菜、和棉を無農薬無肥料で栽培し、種取りも実践。


ブレッシングメイク・スピリチュアルメイクとの出会いをきっかけに
スピリチュアルへの扉を開く。

スピリチュアルメイクとの出会いは2017年秋。

わたしにとって
ブレッシングメイク・スピリチュアルメイクは
「わたしがわたしになるメイク」でした。

他の誰でもない
わたしがわたしになるメイク。

衝撃でした。

今思えば、それまでのメイクは
わたしではない、他の誰かになるメイクでした。

もう、それからは
「えー、メイクってこんなに楽しかったのー???」
と、すっかりメイクが楽しくなりました。

楽しい、楽しいと
どんどん自分にブレッシングメイクをしていたら、
どんどん綺麗になる♪
という、嬉しいおまけまでついてきました。

変わったのは外見だけじゃないんです。

ブレッシングメイクを通して
「感じる」を取り戻してきました。

以前のわたしは
「感じる」が分からない
「感じるが分からないことが分かってない」
状態でした。

自分というものが分かってませんでした。

自分を知りたい!
「感じる」を取り戻したい!
との強い希求はありました。

日々のブレッシングメイクを通して
それはそれはたくさんの気づきを得、

どんどん感じるを取り戻し、
どんどん自分を感じられるようになり、

どんどん自分の美しさに気づき、
どんどん自分の神聖さを思いだし、

どんどん自分の本質..
 
 
自然農法家・橋本進さんの自然農法連続講座
 
~土がきれいになれば世界が平和になる~
 
2021年3月開講 全7回/月1回
 
 
 
 
日程
雨天の場合は翌週の同じ曜日に順延
 
 
第1回目 3月16日(火)
講義 :夏野菜の育苗
実習 :夏野菜の種まき、じゃがいも
ベトコンハウスの設置
 
 
第2回目 4月13日(火)
講義 :自然農法とは
実習 :インゲン豆、枝豆、里芋の種まきと夏野菜の育苗
うね作り
 
 
第3回目 5月4日(火)
講義 :夏野菜の栽培について
実習 :夏野菜の定植
 
 
第4回目 6月15日(火)
講義 :自然農法の土作り(前編)
実習: 夏野菜のお世話
 
 
第5回目 7月13日(火)
講義 :自然農法の土作り(後編)
実習: 夏野菜のお世話
 
 
第6回目 9月14日(火)
講義 :自家採種
実習: 大根の種蒔き、他
 
第7回目 10月19日(火)最終回
講義 :冬野菜の栽培
実習: さつまいも、さといもの収穫、他
 
 
 
 
 
 
時間 
 
9時から12時ごろ
 
 
 
場所 
 
RIKO TERRACE(和歌山県紀の川市)
 
 
 
定員 
 
10名程度
 
 
 
参加費 
 
初年度特別価格 3000円/1回
 
※当日、現金にてお支払いください。
 
 
 
持ち物/その他
 
汚れてもいい服装でお越しください。
 
長靴、作業用手袋、
お持ちであれば鍬やスコップなど農作業道具
 
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*
 
 
講師 自然農法家 橋本進さん 
 
 
和歌山県橋本市で
1998年から 橋本自然農苑をスタート
 
 
現在約6町の農地で
野菜(40〜50品目)、水稲、大豆、麦を
自然農法で栽培
 
 
ほぼ全ての品目で自家採種をしています
 
 
信条は
「土がきれいになれば世界が平和になる」
 
 
世界中の土をきれいにしたい
 
 
バンダナ・シヴァさんとの出会いが転機となり
研修生を受け入れ
自然農法家を生み出すことに力を入れています
 
 
1000名の自然農法家を生み出すのが目標
 
 
プロの農家だけでなく
家庭菜園も大切
 
 
自然農法で自給できる人が増えることが
地球を救うことに繋がるという想いで
農業塾の講師をさせて頂いてます
 
 
自分の土を持ちましょう
自分の種を持ちましょう
 
 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*

 

橋本自然農苑さんのホームページ

▼こちらです▼

ホーム | 橋本自然農苑 (hashimoto-farm.net)」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*

 

 

橋本さんとの出会い&講座開催までの経緯

 

和歌山県かつらぎ町で開催されている

橋本さんを講師にお招きしての家庭菜園教室に

ようやくようやく参加できたのが2020年11月。

 

お話には聞いていた橋本さん。

 

初めて橋本さんにお会いした時、

その清らかな、pureなエネルギーに、

お人柄に、

すっかり魅了されました。

 

 
(写真は初めて橋本さんにお会いした日。
家庭菜園教室の畑にて。
手に持っているのは、
橋本さんが18年以上繋いでこられたにんじんの種から
菜園教室の畑で育てられたにんじん。)
 
 
 
橋本さんのこの農法、やりたい!
橋本さんにもっと学びたい!
うちの畑でもご指導いただきたい!
とのわたしの直観。
 
 
でもそれにしては畑がせまいよなあ、、、
 
 
と思っていると、
ひょんなことから
(2020年12月に施した「大地の再生」によって)
庭に畝が数本出現!
新たに畑スペースが生まれました。
 
 
 
わっ♡
畑が欲しいと思ってたら畑があらわれた♡
これは!!!
 
わくわく&ドキドキしながら
橋本さんの元を訪ねました。
(結果的にその日は12月の新月の日でした)
 
 
橋本さんにご指導いただきたいという
わたしの希望をお伝えしたら、
ご快諾くださいました。
 
 
わたし、嬉しくて幸せで
魂震えて涙がにじみました。
 
 
と、このような経緯で
今回の橋本さんの連続講座開催が
実現することになりました♡
 
 
ありがとうございます。
 
 

(写真はその後、

橋本さんの畑に連れて行っていただいて。

わたし嬉しくて嬉しくての図 2020.12)

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*

 

涙か出てきた

身体が喜ぶという言葉ではあらわせない

 

 

 

橋本さんを訪ねた日は

とっても寒くって雪もちらついてた日。

 

 

でも橋本さんの畑は気持ちいい〜。

 

 

その上

橋本さんがその場で収穫してくださったお野菜たちを

お土産にいただいて。

 

 

なんという贅沢〜

なんという幸せ〜

 

もったいなくて食べられなーい。

 

でもいただきました。

 

まずは生のまま、いただきました。

 

 

少しずつ

ありがたく

味わいながら。

 

やばい、このお野菜たち。

 

涙が出てきました。

 

 

 

ゆっくりと味わいながらも

手はどんどん伸びます。

 

もう、これは食べる瞑想。

 

清浄な土と清浄な種と

清浄な人の意識から育った

清浄なお野菜たち。

 

なんと言えばいいのでしょう、、、

 

ゼロポイントのお野菜

 

そこに全てある

愛と光の結晶

宇宙そのもの

自分そのもの

いのちそのもの

 

なんかそんな感じと感動。

 

感動するお野菜。

生きてるお野菜。

 

わたしも作りたいー!

みなさんも作れるようになりましょう♪

 

 

Pure is strong !

 

 

(写真は堆肥つくりの実習にて 2020.12)

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*
 
 
 
From 西野理子
 
 
 
こんにちは。
 
西野理子です。
 
 
 


 

庭の小さな畑で

季節のお野菜、雑穀や豆類、和棉などを

無農薬無肥料で育てています。

 

また、種を繋ぎたいと

できる範囲で種取りもしています。

 

以下、畑に関するわたしの経歴です。

 

 

2011年 夏

友人とともに初めて畑を借りるもわたしは続かず。

当時は畑に蜂がいることに驚いた。

(怖いから来ないでと思っていた。蜂の役割、全く知らず。)

 

・当時畑に興味を持った理由は

「食糧危機がくるから」という恐れからだった。

 

・肥料や種、苗などを買い続けないといけないことに疑問を持つ。

 

 

2014年

ベランダでプランター菜園を始めてみる。

(この時は恐れからではなく、ただやってみたくて)

 

虫があんまり来そうにないプランターならできるかなと思った。

(虫をさわれない)

 

 

2016年

市民農園を借りる。

無農薬無肥料栽培を実践するつもりだったのに

「サービスで牛糞いれといたでー」と

市民農園の方のご好意を頂戴する。

この年の虫の発生はすごかった。

(ピーマンはカメムシタワーだった)

これだから畑は無理だと思った。

(虫はさわれないまま)

 

 

友人の知り合いの自然農の農家さんの野菜塾を受講する。(1年間)

その農家さんのオリジナルの堆肥を使用する農法で、

それを自分では作れないわたしはどうすればいいのか、、、と思った。

 

 

2017年

市民農園2年目。

土作りの大切さを理解するとともに

自分の畑(土)が欲しくなってくる。

 

この年は牛糞のサービスはなかった。

すると

虫の発生数は激減した。

これだったらいけるかもしれない、と思った。

(まだ虫はさわれない)

 

 

2018年

ご縁をいただいて現在の土地に移り住む。

小さいながらも自分の畑を持つ。

友人とともに畑をしていくつもりでいたが

(ほぼ友人に任せるつもりだったが)

急遽、友人が遠方に移り住むことになり

「えーーー?わたしーーー?」と

自分で畑をすることになったことに驚きながらも

現在に至る。

 

無農薬無肥料栽培の岡本よりたか氏の連続セミナーを受講。

(千葉県のブラウンズフィールドでのセミナ-)

最終日に、よりたかさんに

「りこさんには、

典型的な初心者が

1年で成長していく姿を見せてもらいました」

という言葉をいただく。

 

相変わらず、虫はさわれず。

 

2018年は「間引けるようになった」記念の年。

 

 

2019年

畑や庭には「虫はいる」と達観。

虫を見ても騒がなくなった。

(実はそれまでは虫と遭遇する度に大騒ぎしてた)

 

手袋をしてたら

ほんの小さい虫なら触れるようになった。

 

 

2020年

手袋をしてなら

触れる虫の大きさが少しずつ大きくなってきた。

 

 

 

 

とまあ、

虫もさわれないところからのスタートでした。

 

 

 

2015年

スーパーに買い物に行く代わりに

畑にその日の夕飯の野菜を取りに行ったとき、

なんだか生きる自信がついたような気がしました。

 

自分が食べる物を自分で作れる。

 

えー、畑ってこんなに楽しかったのーーー♪

という嬉しい体験の毎日でした。

 

えーーー、お野菜ってこんなに美味しかったの♪♪♪

の連続でした。

 

その感動は今でも続いています。

 

 

畑って

自然って

楽しいですね。

 

 

とはいうものの

 

結局最後まで間引ききれない

 

種取りも、

収穫しそこねて放置しちゃってたら種になってた

 

というものも多々ありまして、、、

(いや、その方が多い)

 

 

今回の講座でしっかり学びたいと思っています。

 

皆さま、よろしくお願いいたします。

 

ご縁に感謝して。

 

西野理子

 

 

橋本自然農苑さんの

とっても貴重な「奇跡のきぬさや」の種

 

 

 

 

開催日時
2021年9月14日(火)
開場 8:30
開始 9:00
終了 12:00
場所 RICO TERRACE(和歌山県紀の川市) 詳細はお申し込みいただいた方にご案内いたします

参加費
定員
 15  名
満員御礼
申込受付期間2021/8/10(火) 10:19 ~ 2021/9/13(月) 23:30まで
主催者西野理子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s

西野理子

Mission
愛と喜びに満ちた世界を共に創造しましょう♪ わたしたちにはそのパワーがあるんです♪
Senmon
ブレッシングメイク フラーレン 自然農法 月のしずく ゆの里

ソウルブレッシングメイクアップマスターアーティスト
フラーレンプレミアムクリエイター
フラーレンプロテクションプロ
フラーレン制作ワークショップ認定講師
フラーレンプロテクション伝授認定講師
アロマハンドFABセラピスト
「ゆの里・月のしずく」正規販売店
自然農法家・橋本進さんの自然農法連続講座主催
岡本よりたか無肥料栽培連続講座受講修了
元航空管制官

【大阪・和歌山・その他・オンライン】

もう自分をごまかさない!
自分がほんとうにやりたい暮らしをする!
と生活の大転換を決意。

2017年末に21年間務めた、
航空管制官(国家公務員)を辞職
2018年3月和歌山県紀の川市に移住

雑穀、野菜、和棉を無農薬無肥料で栽培し、種取りも実践。


ブレッシングメイク・スピリチュアルメイクとの出会いをきっかけに
スピリチュアルへの扉を開く。

スピリチュアルメイクとの出会いは2017年秋。

わたしにとって
ブレッシングメイク・スピリチュアルメイクは
「わたしがわたしになるメイク」でした。

他の誰でもない
わたしがわたしになるメイク。

衝撃でした。

今思えば、それまでのメイクは
わたしではない、他の誰かになるメイクでした。

もう、それからは
「えー、メイクってこんなに楽しかったのー???」
と、すっかりメイクが楽しくなりました。

楽しい、楽しいと
どんどん自分にブレッシングメイクをしていたら、
どんどん綺麗になる♪
という、嬉しいおまけまでついてきました。

変わったのは外見だけじゃないんです。

ブレッシングメイクを通して
「感じる」を取り戻してきました。

以前のわたしは
「感じる」が分からない
「感じるが分からないことが分かってない」
状態でした。

自分というものが分かってませんでした。

自分を知りたい!
「感じる」を取り戻したい!
との強い希求はありました。

日々のブレッシングメイクを通して
それはそれはたくさんの気づきを得、

どんどん感じるを取り戻し、
どんどん自分を感じられるようになり、

どんどん自分の美しさに気づき、
どんどん自分の神聖さを思いだし、

どんどん自分の本質に近づき
どんどんと自分を取り戻しています。

自分を愛するには
自分を知ること。

ブレッシングメイクは
自分を知るツールでもあります。

自分の隠された自分の意識に気づき、
奥の奥の奥にある光と繋がり、
自分の本質を生きることができるようになると
本来の美しさをどんどん取り戻して
人生に豊かさが溢れ始めます。

そう!
自然に綺麗になっちゃうんです。
内側から光が溢れ出してくるんです。

その女神さまたちの美しさに
わたしはいつも感動で魂が歓びで震えています。

女神さまたちが
自分を取り戻し、
自分とつながり、
本質のままに生きられるようになる、

そしてその女神さまの
内なる美しさをあらわすことを楽しまれる、

それがわたしの歓びです。


B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock