Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_ogy0ymniyjq4zgrin

100日間【ど真ん中】プログラム
(2021夏・水曜夜クラス)

自らの埋もれている本質に気づき、思考と行動を変えていく。
参加受付中
あと 2 名
このような方にオススメ
人生の転換期にいる方、迷いの時期に突入している方、一つ上のステージを目指していきたい方、トコトン自身を見つめなおしたい方
期待できる効果
静かに着実に人生が変わり始める。自分自身の本質を裏切らないあり方を選択できる。あなたのど真ん中が喜ぶ成長につながる。

 

 

 

 

こんにちは、馬場真一です。

 

これまで30年間、人材育成の現場で体得してきたことを、

 

チームトレーニングという形で行ないます。

 

 

今年はすべてオンラインによる実施です。

 

 

メンタルの取り扱い方、感情の取り扱い方については、

 

セッションやワークショップなど各種講座を通じてお話させて頂いていますが、

 

 

今回はスキル磨き以上に気づきと実践を繰り返し、

 

自他ともに変革できる場を共に創り上げることがテーマとなっています。

 

 

「グループセッション」がプログラムのメインとなりますが、

 

安全で安心の場で、参加者同士の“響き合い”を体験していただきます。

 

 

まさに、日常生活では扱うことが出来そうでなかなか出来ないところ、

 

触れることが出来そうで、なかなか触れることが出来ないところなども、

 

潔さと勇気次第では、これまでに踏み込んだことがない領域まで、

 

踏み込み、正式に完了させていくことが出来る非日常の場となるでしょう。

 

 

 

ということで、「講座を受講する」という感覚ではなく、

 

互いが互いに価値を与え、また価値を得続けるための、

 

プロジェクトチームに所属する感覚でご参加頂きたいと考えています。

 

 

僕自身はサポート役であり、その場の管理人となります。

 

あくまでメンバーの皆さんが中心となって、場を作って頂きます。

 

より実社会に近い形で自己開示や他者への信頼を深めることにより、

 

講座終了後、日常に戻った時にも持続可能な心との向き合い方を身につけて頂くことが目的です。

 

 

メンバー間の信頼の深まり方次第では、

 

決して一人では取り扱えないことを解決できる可能性が生じます。

 

 

そのために共に取り組み、皆で力を合わせてつかみ、卒業する。

 

 

濃密な100日間となりますので、ここから先の内容もしっかりとお読み頂き、

 

一呼吸おいてからご決断ください。

 

 

 

「こうなりたい!」「あんな人生を送ってみたい」と思いながらも道半ばで挫折してしまう。

 

自分では「変わりたい」と思っているのに変われない

 

惜しいところまで来ている気がするけれど、いつもその先に進めない

 

こうしたお悩み、非常に多くの方が直面されています。

 

 

この原因は何か?

 

 

講座やメルマガでは、すでに何度も繰り返しお伝えしていることですが、

 

理由はシンプルに“心のクセにあります。

 

 

なかなか願ったことが実現しない人は実現させるための行動をするしない以前に、

 

実現を妨げる心のクセが今日まで生きる中のどこかでついてしまったため、

 

それがパターン化し、繰り返されてしまうのです。

 

 

そして、上手くいかなければ「でも…」「だって…」「どうせ…」と言い訳を繰り返し、

 

さらにそのあきらめの構造を強化させていきます。

 

 

ですので、こうしたパターン化したクセを野放しにせず、どのように向き合い関わっていくのか。

 

これが実現力を高める第一歩につながります。

 

 

 

 

 

先ほどあきらめの構造が実現化を妨げるとお伝えしましたが、

 

そもそも人は生まれた時には「あきらめる」という概念を持ち合わせていません。

 

 

赤ちゃんは最初から歩き回れたわけでなく、何度も立ったり座ったりを繰り返しながら、

 

ようやく一歩、二歩と「歩く」という行為を実現化させます。

 

 

その最中はおそらく厳しい道のりであるはずですが、

 

自分から歩くのをあきらめる赤ちゃん、見たことありませんよね。

 

 

 

このように、人は生まれながらにしてダイヤモンド。

 

 

やると決めたらやりきれる可能性を誰もが秘めているのです。

 

 

しかし、そのダイヤモンドの輝きも、生まれ育つ過程において、

 

親兄弟、友人、関わる人たちとのふとした出来事を経験する中で、

 

一つ、また一つと埃をかぶったり、埋もれていくわけです。

 

 

 

どんなに本来は素敵なダイヤでも埋もれてしまっては光り輝けない

 

 

そこで重要なのが、埋もれてしまったダイヤモンドの存在に対する自覚…

 

 

つまり、あなた本来の本当に純粋な心の在り方とは何か?

 

 

そこに立ち返ることなのです。

 

 

 

 

自らの本来の心の在り方に気づくと、行動にも変化が現れます。

 

見栄や怖れからの外的要因で目標を設定するのではなく、

 

本当に自分が心からこうしたい、こうありたいで目的を決めることができるので、

 

その道に対してわき目も振らず一直線につき進むことができます。

 

 

 

新しいことへの挑戦となるので多少の不安定感はありますが、

 

ブレること自体は問題ではありません。

 

大事なのは、ブレてしまっても、その都度それに気づき、立ち返ることができるかどうか。

 

 

竹のようにしなやかな心を持つことができると、折れることなく、事に当たることができるのです。

 

 

今までの経験則を作り上げた過去にも、

 

これから何が起こるかわからない未来にも影響されることなく、

 

 

「今ここ」を見つめ一つひとつ日々を積み上げていく。

 

 

すると静かではあるけれど、着実にうごめき始め、人生が変わり始めます。

 

 

 

「今ここ」が重要と言いましたが、その「今ここ」に集中するために外せないのが、

 

 

過去の未完了事項を完了させることです。

 

 

 

過去の未完了事項は様々な形で現在の状況に現れ、目的に向かうことを邪魔します。

 

頭では理解しているつもりであっても、なぜか同じ状況に陥ってしまうというのはその典型です。

 

 

ただ、そうした状況が作り出されることこそ、むしろ過去の未完了を完了させたい心の表れ。

 

 

 

ここで「また同じだ…」と諦めたり、「結局これが私なんだ」と開き直らずに丁寧に取り扱うこと。

 

すると、繰り返され続けるパターンに変化が生まれます。

 

 

何度も言いますが「それはあなたの問題であって、あなた自身が問題ではない」という事実。。。

 

 

起きている状況を変えることは困難でも、そうであった時どう生きるか?

 

そうであった時どうしたいかなど、自分の状態は自由に選択することができます。

 

 

 

 

 

今回の実現力養成講座では、チームとしてそれぞれの過去や今現在と向き合いますから、

 

互いの信頼関係次第で未完了を完了にするスピードも加速的なものとなるでしょう。

 

 

ある種一人では手に負えずモンスター化していた心のクセも、

 

安心・安全な場と信頼できるメンバーがいれば向き合うことが可能となります。

 

 

もちろんその前に一つの大前提として、各人が「自立した存在であること」は必須の条件となります。

 

 

 

この案内の冒頭でもお伝えさせて頂いた通り、

 

今回はメンバーの皆さんが中心、「学習者中心主義」で進めていく講座になります。

 

 

そのため、皆さんの関わり方次第でどこまでもいける流れが生まれますが、

 

その一方で得られる価値は一人一人の取り組む姿勢にゆだねられます。

 

 

「とりあえず参加しさえすれば、誰でももれなく価値を得ることができるわけではない」

 

 

これがこの講座の特徴です。

 

だからこそ、気づきを得られた時の感動は大きいのです。

 

 

 

 一人では超えられないその先へ進むことを決める自立した意志と、

 

ただ丸投げで、誰かに何とかして欲しいという依存的な考えとでは、別の次元の話。

 

 

相互支援し合うために一人ひとりの自立は欠かせませんし、

 

なかよしこよしの馴れ合いグループではなく、

 

個人個人の価値を磨き合うチームであることが条件です。

 

 

 

 

 

そのためにはけじめも重要ですので、時間厳守など含めてメリハリを出していきます。

 

今回の講座は数か月間の比較的長期にわたって時間を共にします。

 

やはり、忘れて頂きたくないのは、時間は常に限られているということ。

 

今ここ、この場は二度と戻らない時間ということです。

 

 

 

 

だからこそ、限られた時間の中でどこまでいけるのか?

 

 

集まる時には全力で取り組み、解散後は学びを持ち帰って日常にてアウトプット。

 

そして、またチームで集い、ふり返り、状況・状態を把握し、理解し、受容し、また実践する。

 

 

こうした締切を意識して取り組むプロセスでは、

 

少々厳しいことがあったとしても必ずあなたのど真ん中が喜ぶ成長につながります。

 

 

実際に僕自身が身をもってその喜びを体験していますので、その分かち合いも含め、

 

今回のスタンスとさせて頂いています。

 

 

 

【具体的講座内容】

 

さて、それでは本題である具体的内容についてお話させて頂こうと思います。

 

 

今回の流れとしては、期間中、全7回のグループセッション(計14時間)と、

 

全6回のパーソナルセッション(計6時間)を絡ませつつ、

 

大まかには、グループセッションに関しては、以下の内容で取り組んでいきます。

 

 

 

 

1回目:プロローグ(講座のゴール設定・自己認識・自己理解)

 

2回目:現在分析(現状把握、リアル重視)

 

3回目:過去分析(過去の出来事・親にまつわる再選択・再学習)

 

4回目:未来分析(自身に内在する妨げ要因・クセ対策)

 

5回目:グループセッション

 

6回目:グループセッション

 

7回目:エピローグ(グループセッション、プレゼンテーション・全体の振り返り)

 

 

 

何度も繰り返しお伝えしているように、一部講義もありますが、

 

メインは各種ワークやディスカッションなどの積み重ねによって、実践的な効果を高めていきます。

 

 

チームの信頼関係を形成しながら、

 

チームそのものが自ら・他者への信頼を培養させる場所となり、

 

未完了を完了させるスピードも上がっていきます。

 

 

いい意味で、当初想定したことを超えることが起りやすい流れも生まれます。

 

 

 

 

今回の講座内容、およびサポート体制についてのご案内をさせていただきます。

 

 

 

①合計7回のオンラインによるグループセッション


今回の講座ですが、二週間に一回のグループセッションがメインとなります。

 

講座がと講座のパフォーマンスこそ、毎回の講座のクオリティにつながります。

 

そこで、途中経過やチームに共有しておきたい気づきなど含め、分かち合う場を設けます。

 

ここでの共有によって、さらに実現力が高まり、加速していく流れを生むことが可能になります。

 

 

 ②個別のオンラインサポートセッション

 

457140_2019.1.11②武士道

 


講座の期間中はこれまでに蓋をしていた感情や未完了事項と向き合いますので、

 

蒸気機関車の加速までの静止摩擦運動や、自転車こぎと同様に加速し変化が安定するまでは、

 

膨大なエネルギーを消費することもありますし、得てしてその前後は、

 

平常時以上に不安定にもなりやすくなります。

 

 

そこで、期間中に個別のオンラインセッションを6回用意しましたので、

 

自分一人では取り扱いに困った心の状態や現状をお話頂きながら、

 

より良い状態で講座へ向かう姿勢を整えて頂ければと思います。

 

 

 ③メール相談 無制限

 


オンラインセッションと同様、感情が不安定になりやすい時に

 

ベストなタイミングでサポートできるよう、講座期間中いつでもメール相談をして頂けます。

 

 

④テキスト動画の配信

 

参加者限定のテキスト動画を配信いたします。

 

 

何度も観て聴いていただき、大前提となる考え方・概念を

 

徹底的に叩き込んでいただきたいと思っています。

 

お伝えしたことはたくさんあるのですが、講座は基本的に、

 

グループでのディスカッションやインタラクティブなコミュニケーションに重きを置きたいので、

 

ワークシートや動画を用いた、反転授業スタイルも取り入れます。

 

 

⑤facebookグループでの交流

 


今回の講座にご参加頂いたメンバーの皆さんがそれぞれ交流できるよう、

 

facebookグループにご招待させて頂きます。

 

せっかくのご縁で知り合えたメンバーですから、励まし合ったり、

 

刺激し合える場をリアル以外の場所でも設けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

☆体験者の声☆

 

前浪 竜輝 様 (会社役員)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

生きることや人を応援することを実践的に学ぶ場。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

この期間、自分なりに全力で取り組んできました。その中で、見えてきたことは、心の奥底では「自分には価値がない」と感じている自分がいること、そして同時に「自分には価値がある」と思えるようになりたい自分がいることでした。この1年間、講座に参加されていた他の皆さんとの関わりを通して、少しずつ自分のことを認められるようになり、自分には価値があると思えるようになり、それに伴って、今までには感じたことのない他者への思いやりの心や、応援したいという心が段々と芽生えてきました。また、他者との関わりにおいて、以前より安心して関わることができたり、相手を尊重できたり、自分を表現できるようになっていると感じます。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

この期間中の成果や価値は、自分の人生を生きると決められたことです。自分は今まで周りの人の顔色を伺ったり、誰かに許可を求めたりと、自分の感情や思いをあまり出さずに、どこかビクビクしながら生きてきたように思います。それが、皆さんとの関わりのおかげで、自分は自分の人生を生きてもいいんだと思えるようになりました。もちろん、まだまだ人の顔色を伺ったりしてしまう自分は出てきますが、それに気づいた時に選び直していけると思うので、これからも自分は、自分の人生を生きるということを大切にしていきたいと思います。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

どこか自分に価値を感じられていない人、そしてそれを良くしていきたいと思う人。
馬場さんがよく「自尊」という言葉をおっしゃいますが、僕にとってこの講座は「自尊」の心を取り戻していくための講座でした。自分自身を認めることや受け入れることができるようになるにつれて、自分自身の生きやすさや、他者との関わりが大きく変化していきました。この講座は、今後の人生を生きていく上で、心の土台を作るとても貴重な機会になったと思います。自分のことを受け入れて、よりよい未来を生きていきたい方にお伝えしたいです。

 

小田 留意 様 (シンガーソングライター)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

「真の意味で人に貢献すること」を実践を通して学ぶ場。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

傲慢かつ依存的で素直に受け取ることのできない自分に気づきました。
講座中はあえてそんな自分自身を一旦脇に置いて他の参加者に貢献することに全力を尽くすと決めて積極的に関わりました。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

他者に貢献することに決めて全力を出し切った時、自分を覆っていた硬い鎧にヒビが入り、他の方からのフィードバックを受け取れる様になっていきました。また自分を出すことへの怖さが減っていきました。それによって以前よりも人を深く理解し尊重し合える関係性を築ける様になってきたと思います。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

深くわかり合い心から笑い合いたい方。真の繋がりを求めている方。自信を取り戻したい方。悔いのない人生を生きたい方。

 

 

笠島 稚子さん (中国語学習コーチ)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

精神修行・鍛錬の場。自分に見えない盲点との出会いの場だったと思います。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

心から逃げたくなるようなことに真正面から取り組んで初めて、得られる財産・境地があるということに気づくことが出来ました。これはお金では決して買うことは出来ないと思います。また、自分の器を広げるチャンスから目を背けずに、ここで向き合うチャンスを頂けて本当に自分はラッキーだったなと思います^^

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

「本質・ど真ん中の心を信じること」をひたすら行ってきたことで、今まで(参加前)では決して得られなかったであろうような人間関係や、そこからの一人の人間としての豊かさを感じています。やっと自分の人生を丸ごと全肯定出来る自分になったと感じることが出来るようになりました。自分の人生を諦めずに、今まで頑張ってきて本当に良かったと心から思っています。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

自分の人生に行き詰まりを感じているものの、どこに突破口があるのか糸口さえも見つからないような方に伝えたいと思います。なぜならそういった方にぜひ次のステージへと成長するきっかけを得てもらいたいですし、この講座は結局全ては「自分」なんだよと教えてくれるからです。

 

 

仲宗根 恵 様 (「くすりと漢方の協会」代表理事・登録販売者)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

心身を鍛錬する場でしたし、「与える」「giver」の本当の意味を体感できた場でした。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

・感情や考えを、自由に表現したり発言することが出来ない自分や、自分には価値がないと思うクセがあることに気づきました。

・幼少期の親との関わりが根本に根強くあることに気づき、客観的に自分の在り方や、自分の生い立ちを改めて振り返り、当時の親の状況や背景を慮ることで、わだかまりや悲しみ、不完全燃焼だった気持ちが解消されていきました。

・自分や誰かをジャッジするのではなく、ただただ真ん中に立つことを意識し、講座の中で自分は他の人にどう貢献できるのか?を真剣に考えていました。

・グループの中で、誰かに対して感じたことを率直に伝えることによって、相手にある自分の中の同じ要素にも気づくことができたのは、グループワークでしか得られない体験でした。

・相手の可能性をただ信じ抜いて、深く関わるという体験によって、結果として、自分の在り方を外側から見つめることもできたように思います。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

諦めずに、腐らずに最後まで取り組んだことで、「頭では分かっている」という状態から、実際に体を使って実践し、これまでとは違う新しい境地へと辿り着くことができたと思います。そして、この体験は通過点の一つだと思いますので、これからも鍛錬を続けていきたいと思っています。
また、これまで、自分がいかに諦めていたか、あらためて痛感しました。この体験を生かして、私と関わる人達に対して、相手の自力を邪魔せずに援助的に関わっていくことを、今後も意識していきたいと思います。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

自分の人生を生きたい!と思っている人や、生きる喜び、誰かに貢献できる喜びを感じたいと思っている人。自分の人生を諦めたくない!と思っている人。大きな悲しみや苦しみを抱えている人に。
私自身が、そうだったから。何歳からでも遅くない。諦めなければ、いつからでも変われると伝えたいです。メンタルを整えることで、肉体的な不調も改善され、本質的な健康を手にすることができると実感しています。

 

 

佐藤 慶子 様 (組織づくりのコンサルタント・「ひとり作戦会議」主宰)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

今後生きていく上で、気づく必要があることに気づける最後の砦

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

これまで、「私は何か重要なことに気づく必要があるのではないか?」と思っていました。そしてそれは、とても根本的なことなんじゃないかと思っていました。でも、それが何なのか知りたい、気づきたいのに、なかなか気づけない自分だったのです。もっと言うと、気づくチャンスがあったのに、自分にとって受け入れがたいことだったので、受け入れることができない自分だったのです。
そんな私が気づくべきことに、気づかせてくれたのは、仲間でした。
これまでの私にとって、ネックになっていたものは、人を見下すクセ、自分の価値観で人をジャッジするクセ、頑固さなどなど。そういうものが根底にあったのだと、ようやく気づくことができました。
「気づけてよかった」と心から言えるようになるまでには、時間がかかりました。見たくないものを見る、受け入れがたいものを受け入れる、飲み込みたくないものを飲み込むには練習が必要で、その練習は仲間の存在がなければ絶対にできないことだったと思います。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

<成果や価値>
自分のネックだったものに気づけたおかげで、人との向き合い方に変化が起きました。ニュートラルに向き合える幅を広げることができたと感じています。これまで、いかに、人を自分の価値観で見ていたのかがわかりました。こうした自分の体験を通して感じていることは、対話の力です。人の話を聞いたり、本を読んだりして、いろいろ学んでも、本当によくしていきたい、自分の「患部」とも言うべき部分にはなかなか触れられない。そこに触れて、扱うには、仲間が必要で、対話が必要だということを体験しました。対話ができる仲間になっていくには、恐れずに自分を出す挑戦が必要だとわかりました。そして、改めて対話の力を心から実感しています。
今後、自分自身の仕事、活動の場において、この対話の力を活用できる自分になりたいと改めて感じています。

<浮き彫りになった課題>
よくなっていく挑戦には終わりがないと実感したので、自分を直視し続け、よくなりたい気持ちを持ち続けていくことが、死ぬまで課題です。そして、よくなっていきたい人のことをどれだけ心から応援できる自分になれるかが、課題です

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

いろいろ学んできたつもりだけど、何かが抜けている気がする。
自分が変わる必要があることはわかっている。
何か見落としているのではないか?
もっと根本的な、本質的なことを学ぶ必要があるのではないか?
と感じながら、そういう場を見つけられずにいる人に、この講座を伝えたいです。
どうしてかというと、この講座で得られるものは、心の奥が本当に喜ぶものだからです。
稀少な場です。

 

馬場 陽一 様 (会社員)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?
自分もよくわかっていない自分の内面を知って⇒認めて(自己承認)⇒受けれる(自己受容)。
このプロセスで自分を本当に尊重するトレーニングがこの講座の醍醐味であると思います。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?
私の気づきは、自分に責任が生じるのを怖がって全力で回避する行為があるということでした。
そしてその行為の奥には「自分のことしか考えていない」気持ちがあり、この気持ちが要因となって協力し合う場面なのに会話を避けて相手に不快感を与え、人間関係がギクシャクしてしまっていました。
この気づきから、自分と他人を同一視しない、違いを認めて分かち合うなどを日々挑戦しました。
自分と違う行動や考え方に出くわすとどう対応して良いのかわからなくなる、自分が感じたことを遠慮して呑み込む、逆に相手をコントロールするようになるなどの行為にどうしてもなってしまう自分の傾向を認めてゆくチャレンジでした。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

成果は相手が誰であろうと、その人の言い分を一旦受け入れる、迎合ではなく理解を示す、違いを相互に確認し合うなどの分かち合いができるようになりました。
分かち合いができると人との会話が怖くなくなりました。さらには他者尊重の気持ちも増して、相手が自己申告できる、選択は相手に委ねる接し方もできるようになりました。
価値は自分の傾向を本当に認めると、直したい自分の行為・行動の改善に取り組むことができることと、無意識に出していた態度の要因に気づくことができるの二つです。
この二つの気づきは共に講座に参加した方々との関わりによります。「対話から逃げているような気がする」、「関心を装い、実は無関心であるように見える」などのフィードバックを一生懸命に受け入る努力をし、要因を改善する着手を始められたのだと思います。

④ このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

現状を打破したいがどうしてよいのかわからない人におススメしたいです。

 


くろかわ あいこ 様 (個人事業主)

①あなたにとっての講座をズバリ一言でいうと?

原点回帰の作業でした。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

素直じゃない自分・ひねくれた自分・それらを気付こうとしない自分自身がいることをまざまざと見せつけられました。そういう自分がいることを嫌だと思う自分もいたし、そういう自分を無くしてしまいたいと思う自分もいました。ですが講座の中でのみ、そういう自分を消すことは出来ないし、そういう自分がいたからこそ今の自分がいることを認識し、そういう消し去りたい自分が自分の中にいることを自覚し消すことが出来ないことを受け入れる訓練の繰り返しだったように思います。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

人と関わることを怖がってきた自分にとって仲間を信じて心を開いていくという作業は本当に怖いものがありました。
ですが、安心出来る場所であることを五感全てで感じ取れるようになることで環境を信じて仲間を信じて思うことを言葉にして伝えることができるようになりました。
浮き彫りになった課題については、課題というものは一生無くなるものではないと今は思っています。
生きている限り常にレベルアップするための課題が目の前にあるのだと思っています。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

誰かのせいにしたり自分の環境を嘆いている人に伝えたいと思います。
自分の人生は自分がつくりだすもの。嘆いていても誰かのせいにしても何も変わらない。
だからこそ、自分が変わるための1歩としてこの講座を受けてもらいたいと思います。

 

 

槇埜 義則 様 (会社員・管理職)

①あなたにとっての講座をズバリ一言で言うと?

「自己成長の場」。
他者から自分の思考の癖や在り方のフィードバッグを受け一人では気づけない自分の情報を得る事が出来ました。また、受講者全員がもっと良くなろうと思って切磋琢磨する場です。

②期間中、どんな自分に気づき、学んで、それらをどう扱ったか?

自分では、受け入れ難い事、逃げ出したくなる出来事を正面から向き合い、自分を高める取り組みが出来た事です。

③この期間中の成果や価値は何か?また浮き彫りになった課題はどのようなものがあるか?

自分の可能性をひたすら信じきる事と同時に仲間の可能性もひたすら信じる事が出来るようになりました。また安心安全の場で自分をさらけ出す事が出来て自分の内面と向き合う事が出来ました。

課題:
フィードバッグを受けた時に自分の中で消化する事や受け止める事で精一杯で自分が相手に伝えたい事、感じた事を伝える事が不十分だったと思います。自分の思いをしっかりと相手に伝えていく事が今後の課題です。

④このような講座はどんな人に伝えたいか?そしてそれはどうしてか?

人との関わりを見つめ直したい人、人生を豊かにしたいと本気で思っている人に伝えたいです。
自分を含め相手の可能性を信じきる事、そして人の根本や本音は、もっと良くなりたいと思って生きていると思えるようになったからです。そして自分自身の人生を諦めずにチャレンジしてほしいからです。

 

戸田 靖子 様(コーチ)

馬場コーチが「満を持して」開催される講座ということで、心待ちにしていました。プレセミナーにも参加して、即決で受講しました。ほんの一年前、当時の私は、自分で自分を制御不能になっていました。 前進しているようでいて、人の目を気にしたり、自分の思い込みが邪魔したりで、ブレてばかりでした! また、平気でいようと無視しても、そこから逃れられない心の苦しみもありました。それは今も存在しています。 それでも、受講したことで今の自分の状態が分かるようになり、楽になりました。自分の状態が分かれば、ある程度自分で軌道修正出来ますので。 この事は、一人では決して出来ないことです。しっかりしたコーチと、グループの仲間が居てこそ可能になります。 私にとっても、追い詰められ「満を持して」の受講、本当に良かったと思います。一年たって、その思いは更に深まっています。 一人一人状況は違っていても、必ず大きな気づきを得られるはずです。お薦めします。

 

 

藤井 健輔 (ライター)

【講座を受ける前の悩みや願望はどんなことがありましたか?】

とことん自己分析を繰り返して、自分自身の間違っているところを直してきたつもりなのに、一向に夢が叶わないジレンマに嫌気がさしてました(笑) なんでこんなに頑張ってるのに人から応援されたり信頼されないんだろうって本気で思ってました(笑) 【受けてみた後、どんな変化や気づきが起こりましたか?】 自分の癖を直すことによって言葉に重みが出て、自分の発言が信頼されるようになった! 自分の考えていること、発言していること、行動していることが一致しているか客観的に見れるようになった! 自分の想いに素直に生きる強さが身についた!

【得られた学びをこれからどのように活かしていきますか?】

商売の基本でもある人からの信頼を得られるように、日々自分のことを見直しながら、より徳のある人になろうと努力します! 自分の発言に責任を持って発することができるようになったので、相手が良くなるためなら言いにくいようなことでも、伝え方は考えてちゃんと伝えるようにしています!

【他の方にオススメするならなんと言ってオススメしますか?】

・なんかよくわかんないけどうまくいかない人 ・自分では変だと気づいていなくて、他の人から見たら「変なとこ!」って気づいてる部分を知りたい人 は特にオススメです(〃艸〃) 原因は同じですが、そこはいくら自己分析してもまずわかりませんから(笑) 信頼できる仲間に指摘してもらわないと気づくことすらできません。 また自分の良いところも悪いところも全部受け入れて、さらに人間力を高めたい方は絶対に受けた方がいいですよ! 自分の変な癖って日常生活ではなかなか人に指摘してもらえないですが、この講座内ならビシバシ教えてくれますから! それらを受け入れて改善してステージアップしちゃってくださいね♪ そうすれば実現力は自然と高まっていきますから。 僕もこの講座で多くのことに気づいて改善したおかげで、今こうして自分が好きなライターの仕事をできるようになりました! あなたに夢ややりたいことがあるなら、遠回りのようで実は最短コースを走りきれる、この実現力養成講座を受講することを強くオススメします(*´∀`)

 

 

K.S 様(メンタルコーチ、カメラマン)

実現力養成講座の説明会で初めて馬場さんにお会いしたとき、

「この方についていけば自分を変えられるかもしれない」

そんな直感が働き、泣きそうになりながら参加表明したことを今でも鮮明に覚えています。

 

とはいえ、遠い昔に精神疾患を患った自分が、そうではない方々の前で自己開示をしつつ、
ワークをしながら関わりあうことに対して、実はかなりの抵抗や、奇異の目で見られるのではないか?
という不安・負い目に近いものを抱えたままでの、参加でもありました。

講座といっても、グループで取り組む実践の場が主体。

初回、2回目と講座が進む中で「本当は逃げたい」、そんなことを考えている自分もいました。

ですが、ファシリテーターである馬場さんや、一緒にいてくれる仲間が、
信じるということを教えてくれました。

そして自分の中で少しずつ本気度を上げることができ始めてから、
何かが変わりだしているという実感を持てるようにもなりました。

講座の中でというより、講座と講座の間に自分と向き合い「格闘」している時間の中で、
ボディブローのように日を追うごとに、徐々にそして確実に効いてくる、そんな感覚です。

一過性ではなく、このじわじわ感があったからこそ「本物」だと思えました。

自分を変える覚悟ができたら、周りの仲間たちが全力でそれ応援してくれました。

気になればなるほど、自分の良いところも悪いところも露わになり、むき出し状態になりました。

でも、それらもすべてひっくるめて理解しようとしてくれた上で、率直な意見を頂くこともできました。

それがこの講座の一番素晴らしいところだったと思いますし、重要な局面を見逃さず、
軌道修正すべきところではしっかりと指摘・後押ししてくださる馬場さんという名コーチが、
どんな時も伴走し付いていてくださったからこそ、多くの奇跡が生まれたのだとも思います。

自分をむき出しにすることは、時には痛みも伴うかもしれない、
でも、そこから逃げずに立ち向かったとき、間違いなく自分の中の本質(ダイアモンド)が輝きだす…

講座を卒業する日、仲間の紛れもない輝きを見届けさせて頂くことができ、感動で心が震えました。

お陰様で私も少し、成長させて頂くことができました。

そして現在は、講座に通い続けられた自分を自然に「褒める」ことができるようにもなりました。

馬場さんから教えて頂いた人としての「在り方」は、一生涯を掛けて取り組んでいく課題と思いますが、
講座を通し、またグループワークという非日常空間でその一端を学べたことは非常に大きかったですし、
今後も大切にしていきたいと思います。

「仲間や自分の本質との対話」を中心とした、人生の中でなかなか味わうことのできない、
とても貴重な100日間。

仲間がいたからたどり着けて、一緒に眺めることができた景色がありました。

講座を終えて半年経った今、想像をはるかに超える学びと宝物をたくさん手にできている感覚を、
しみじみと実感しています。

あの場を見守り導いてくださった馬場さんや仲間の皆さん、関係者の方々には「感謝」の言葉しかありません。

本当に有難うございました。

そして最後に大変ダイナミックでパワフルで、そして愛に溢れる実現力養成講座を、私は自信をもって推薦致します。

 

 

 

また長年おつきあいの数名の方からメッセージを頂いたので、こちらもご覧頂き、参考にしてみてください。

 

◆立志出版社 田中克成

 田中一族総出で学んでいます。

 

 私が馬場さんを「メンター」と呼びはじめてから、

 もう9年ほどになります。

 

 以降9年間、親しくなった人にも、そうじゃない人にも、

 出会った人“ほぼ全員に”と言える割合で、

 馬場さんの存在を紹介し続けています。

 

 これは、もはや私のルーティンみたいなもので、

 それぐらい馬場さんのことを信頼しています。

 

 実際、母も姉も、田中一族総出で、

 馬場さんに在り方や自他とのコニュニケーションを学びつづけています。

 

 日本におけるメンタルトレーニングの創成期から30年間に亘って携わってきた、集大成のプログラムが始動されるということで、

 

 私自身、心から待ち遠しく、楽しみにしています。

 

 

 

◆結婚教育カウンセラースクール主催 棚橋 美枝子

 馬場真一先生には、2012年に開講しました

 結婚教育カウンセラースクール1期生から講師として

 お越しいただきお世話になっております。

 

 スクール修了生の中で一定の要件を満たし有資格者となった者は

 NPO法人日本結婚教育協会の相談員として、

 悩める方々の人生のより良き伴走者として活動をしていきます。

 

 先生の講座は、人間の本質を奥深くまで見つめる哲学、

 そして人間がよりよく生きるために必要とする

 行動学にまで及ぶ内容の提供をしてくださっていると

 理解しております。

 

 スクール開講期間の中で、わずか3時間の講義では勿体ないと

 4期生までは翌日に再度、自由意志の参加とし、復習の意味も込めてレッスンを行っていただいておりました。

 

 受講生の中には、「あまりの奥深さに翌日のレッスンを受けて、ようやく多少なりとも入り口がわかったような気がする」という感想の人もいました。

 

 私個人としては、過去に看護師として人間の生死に触れる現場におりましたので、

「人生を深めることは容易ではない」と実感しております。

 

 今はすべてにわたり「安易に」「簡単に」「楽しく」「愉快に」「おもしろい」選択をされ易く、そのせいか「よりよく生きる」という「人生の質」そのものにアプローチすることは苦手な方が多いように感じています。

 

 答えがすぐに出る時代、多種多様な選択の自由が許される時代。

 

 そんな時代だからこそ、私は「人間が個々に生きることを真摯に考える必要性」を感じ、

 

 結婚教育に辿り着きました。そして、人間が生きる本質に近づく学びであるからこそ、

 

 馬場真一先生のお力添えがスクールには必要でした。

 これから数回にわたり、馬場先生から深い学びをいただける道を選択される皆様は

 

 すでに深い見地をお持ちの方ばかりだと察します。

 ぜひ、馬場先生の元で、「人間とは」「人生とは」その答えを見出されながら、

 

 より良い人生の選択を価値的に創造していかれることを祈っております。

 共に、馬場門下としてより豊かな人生を生きてまいりましょう。

 

 馬場先生、すばらしい講座のスタート、心よりお祝い申し上げます。

 

 日本結婚教育協会HP
 http://kekkonkyouiku.or.jp/
 結婚教育カウンセラースクール
 http://school.mamiesheart.com/

 

 

 

◆ブランディングプロデューサー 城内もも子


 個人事業主となって活動を始めた私にとって、


 馬場さんとの時間は、

 自分の大切にしているものを問う大事な時間でした。

 

 小手先のテクニックや、人にとっての基準ではなく、
 

 自分がどうありたいか。

 

 大切なものを都度確認しながら、常に前進していく。

 

 

 それができているのは、馬場さんのおかげです。

 

 自分のなりたい姿があるのなら、それを体現している方と過ごす、

 学ぶことが早道だと感じています。

 

 

 

 

◆株式会社ダイシングランド・代表取締役社長 小泉早苗


 私の唯一無二の信頼できるコーチは、馬場真一さんです。

 

 馬場さんが、感情の渦に巻き込まれている私の思考を

 

 スリム化に導き伴走してくださるおかげで、

 

 日頃から自分のど真ん中と向き合う…

 

 スッキリした生き方ができるようになりつつあります!

 

 

 

 なかなか自分のど真ん中と向き合うことは難しいけれども、

 

 伴走してくれるコーチの質が高ければ高いほどより純度高く向き合う事が出来ます。

 

 

 ですので、シンプルで深い視点で

 

 物事を捉えることを意識できるようになれたのは、

 

 馬場さんのおかげと、本当に感謝しております。

 

 

 これから多くの方々に思考のスリム化を伝えていって頂きたい!

 

 と、願っております。

 

 

 

 

◆株式会社 ラヴィプラス 代表取締役 栗田加奈子


 馬場さんとの出会いは、2011年私が第一子妊娠中の時でした。

 

 この頃は、フリーランスになったばかりで

 さらに子供のいる生活になることで、

 これからの人生をどう生きていくか迷っており

 

 馬場さんのワークショップに参加しました。

 

 第一印象はなんて誠実で透明感のあるクリアな方!!

 

 知れば知るほど、心の在り方も言葉も人に対しても

 この印象は強くなっています。

 

 馬場さんと出会い、数々のワークの中で

 自分の過去と現在そして未来を見つめ内観し書き出したノートは

 私の活動の指針となっています。

 

 その方法を体験したことで、いつでも迷った時や

 新しいことを始める時には最初にすることとなりました!

 

 これだけ人の思考や心を整理できるコーチングにも興味を持ち、

 その後コーチングの基礎も馬場さんからご指導いただきました。

 

 今では、心理学と馬場さんから学んだコーチング

 そして自分のこれまでの経験を活かして

 新しい講座をつくるまでとなっています。

 

 個別では体験できないグループワークというのも貴重なものでした!

 同じタイミングで集まった方とは奇跡的な出会いだと思っています。

 

 

 これはなんとも言葉で表すには難しく是非体感してもらいたいことの一つです。

 心の在り方に気づくこと。 自分の心のクセを知ること。

 

 一人ではなかなかたどり着きにくいものです。

 

 でもこれを知っているのと知らないのとでは、

 歩んでいく人生が大きく違うと実感しています。

 

 学びは何を学ぶかも大切ですが、誰から学ぶかはもっと大切なこと。

 この講座を知り心がざわざわしている方がいらしたら、

 それは前に一歩進もうというサインなのかもしれませんね。

 

 この講座を通して、心豊かにいきていく方が増えること

 そしてどんな相乗効果が生まれるのか楽しみでなりません。

 

 
 https://www.lavieplus.co.jp/
 

 

 

 

さて、ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

今回はプレセミナー開催は致しませんので、このサイトからの直接お申込みになります。

 

 

ただ講座に興味を持ってくださった方には、zoomや電話などのオンラインによる、

 

個別のお問い合わせ、および相談(30分)を期間限定で受け付けてまいりますので、

 

以下のURLから「各種講座のお問い合わせ」を選び、お気軽にご予約ください。

 

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間:21時00分~23時00分

 

  水曜夜クラス

 

 第1回  7月7日(水)

 第2回  7月21日(水)

 第3回  8月4日(水)  

 第4回  8月18日(水) 

 第5回  9月1日(水)

 第6回  9月15日(水)

 第7回  9月29日(水)

 

 

 

 

 

今、このメッセージを読まれている皆さんの中にも、現在、人生の転換期にいる人や、

 

迷いの時期に突入している人、さらに一つ上のステージを目指していきたい人など、

 

色々な方がいらっしゃると思います。

 

 


参考になればということで、僕自身のことを少しお話いたしますと、

 

20代、30代は心の安定とは程遠い状況を乗り越えるというよりも、くぐり抜けるプロセスで来ていたと思います。

 

理想の人生イメージとしては幕末の志士でした。

 

その心意気に憧れ、俺もただでは死なないぞ!と目の前の仕事をバリバリしていき、

 

何かを成し遂げたいと漠然と思っていました。

 

 

 

 

ただ、その一方で高校生の時から「比較的早めに結婚し、ともかく子どもが欲しい」と思っていた側面もあり、

 

結婚後はすぐに長女、それから次女と生まれ、家族は大きくなっていきました。

 

 

 

では、その想いを実現するように家族との時間が増えたかと言えば、仕事の忙しさは変わらない日常。

 

諸事情により2年間の単身生活も余儀なくされたり、家族と過ごす時間は数ヶ月に1日というペース。

 

 

 

仕事は仕事で極限の中がんばっていましたが、自分と会社組織の方向性のズレも目立ち始め、

 

その時は寂しさピークで、毎日がまさしく発狂しそうな日々でした。

 



そんなある春の仕事のオフ日の午前中

 

自宅で子供達(当時長女が6歳、次女が4歳)の洗濯物を干していました。

 

 

その小さな衣服や靴下を見て、あらためて心から愛おしく思い、

これ以上自分を騙すことはできないという気持ちが募ったのです。

 

 

 

メンタル関係の仕事に携わりながら、

自分自身が納得のいく人生を生きることができていない。

 


実は、本来手に入れたい価値を取り返すことのできない日々を失っているという思いに至り、

 

しばらくして、創業スタッフとして17年間活動してきた会社を離れました。

 

 

その後、夜勤のバイトをしながら自分自身を立て直し、

 

そして改めて今のメンタルの業界で自分を磨き、深めたいと思った時に以下の5つの自分との約束を定めました。


1.無理や強引な仕事の仕方をしない。(損得勘定よりも自己の納得感)


2.応援したい人、チーム、企業とのみ仕事をする。(選ぶ→育む)


3.まずは自分の整理整頓しながら家族、関わるクライアントさんと渦は内側から巻く。
 (内から外への自然な展開)


4.情報は参考にするが、鵜呑みにせず、かつ他人と比べない。


5.自分から人を切り捨てない(完了や着地の仕方にこだわる)

 

 

 

とにかく在り方に沿った生き方であるかどうかに注力しました。

 

 

 

 

 

人の可能性を引き出すお手伝いに関してはそこそこの経験・自信があったので、そこは自己認識していきながら、

 

思いつくやるべきことをすべてやりつつ、とにかく目の前の人に対して、関わる姿勢や態度を気をつけていき、

 

あとは自然の流れに逆らわないことを重要視。

 

 

 

そんなこんなで、実際には今の仕事(個人向けにはパーソナルセッション、企業向けには研修など)のみで、

 

暮らしていける状態になるのに2年ほどかかりました。

 

 

 

その後、未来への展望、出会いの流れ、絶妙なタイミングがあいまって、

 

さらなる挑戦ということで、2012年に今住んでいる山口県萩市に移住を決定したのです。

 



そこからの仕事は減るどころか、むしろ個人のお客さんは増えていき、

 

近所にある松下村塾の理念やテキストになった「孟子」との出会いなども自身を加速させ、

 

 

さらに自己基盤も深まり、今に至っています。

 

421335_1自由が丘

 

 

 

個人的な見解としては、人生において大切にしたいことを決め、それ以外はどんなうまい話でも乗らないことや、

 

目先の結果や収入よりも在り方で自分自身を裏切らない選択を繰り返しながら、

 

一歩一歩進んで来たことが実を結んでいるのだと思います。

 

 


何を言いたいかというと、すべては一念


僕の場合は、何を大切に生きていくかを決めることにあり、

 


人生の価値もそれによって決まってくることをお伝えしたいのです。



本日は断片的にお話させて頂きましたが、

 

僕自身、人生の折り返し地点である節目の50歳を迎え、

 

まだまだこんなもんじゃない、人生のピークはこれからだ!と思っていますので、

 

さらにさらに関わる皆さんと共に精進してまいりたいと思っています。

 


たいへんな長文となりましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

開催日時
2021年7月 7日(水)
開場 20:50
開始 21:00
終了 23:00
場所 オンライン上
Zoom
参加費
100日間【ど真ん中】プログラム(水曜朝クラス)
210,000 円

受講価格:198,000円(税込)


基本的には銀行振込一括払いが原則ですが、クレジットの場合は210,000円となります。

 

また、どうしても分割ご希望の場合、以下の通りです。

【分割の場合】:銀行振込のみ

3回払い 70,000円×3回(210,000円)

5回払い 44,000円×5回(220,000円)

7回払い 33,000円×7回(231,000円)

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
銀行振込
定員 8  名 【残 2 席】
申込受付期間2021/4/15(木) 10:50 ~ 2021/7/ 7(水) 20:00まで
主催者馬場真一
お問い合わせ先馬場真一
お問い合わせ先電話番号090-5997-4484
お問い合わせ先メールアドレスjitsugenryoku@gmail.com
私は、あなたの“ど真ん中”と深く関わる
Award08
Expert_s
 
 
株式会社re・sort メンタルコーチ&トレーナー
馬場真一
私は、あなたの“ど真ん中”と深く関わる
 
メンタルトレーナーとして研修・講座は2,500回を数え、個人相談累計は40,000回超。17,000人以上を個別に担当し、クライアントと向き合った時間は50,000時間以上という、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 独自のスタイルにより、心の在り方に沿った「自己実現」「目標達成」を引き出す潜在能力の専門家として高い評価を得ている。
1970年長崎生まれ。思春期にストレス性の過労死によって父親を失ったことをきっかけに、「自分らしい在り方とは何か」を探求。一浪後に入学した青山学院大学をわずか3ヶ月で休学し、90年よりメンタルビジネスの世界へ。業界でも群を抜く実績と、90.0%の高いリピート率を誇るパーソナルコーチングは、「自分の未来にワクワクせずにはいられない」「不安が確信に変わった」と好評を博している。現在、大手企業研修をはじめ、経営者・起業家を中心に幅広い支持層を持つメンタルコーチとして注目を集めている。      
 
 
 
 
 
Profile
Expert_s
メンタルコーチ&トレーナー

馬場真一

Award08
スーパーサンクス賞
Mission
私は、あなたの“ど真ん中”と深く関わる
Senmon
ココロの整理整頓、在り方養成

メンタルトレーナーとして研修・講座は2,500回を数え、個人相談累計は40,000回超。17,000人以上を個別に担当し、クライアントと向き合った時間は50,000時間以上という、他に類をみない圧倒的経験値を有する。 独自のスタイルにより、心の在り方に沿った「自己実現」「目標達成」を引き出す潜在能力の専門家として高い評価を得ている。
1970年長崎生まれ。思春期にストレス性の過労死によって父親を失ったことをきっかけに、「自分らしい在り方とは何か」を探求。一浪後に入学した青山学院大学をわずか3ヶ月で休学し、90年よりメンタルビジネスの世界へ。業界でも群を抜く実績と、90.0%の高いリピート率を誇るパーソナルコーチングは、「自分の未来にワクワクせずにはいられない」「不安が確信に変わった」と好評を博している。現在、大手企業研修をはじめ、経営者・起業家を中心に幅広い支持層を持つメンタルコーチとして注目を集めている。      

  babashinichi
B_facebook
B_twitter
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock