Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
【小学3年生~高校3年生対象モニター価格】
初級プレゼンテーション道場
開講記念モニター募集
このような方にオススメ
人前で話すことの基礎を学び、話す訓練をしたい小学3年生から高校3年生の方
期待できる効果
自分の考えを人に伝えることができ、自立した大人になる準備ができます。
421086_img_5786
421086_img_5794
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Expert
 
 
一般社団法人コミュニケーションスキル協会 
コミュニケーションスキル協会(CSA)
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
 
日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学)
代表理事 野中アンディ

福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。
 

 

話すことに特化した講座です。

「話すのは自分ではなく聞いてくれる人のため」という意識を持って訓練!だから話が分かりやすくなる。

その秘密は
① 興味深い話題の選定
② 文章の組み立て/順番
③ 語彙の選択方法
④ 伝達
を流れとして学び、何度も実践することです。

欧米の小学校で古くから教えられているShow and Tellを基本から学びます。

 

宿題では計算や漢字を繰り返し練習しますが、話し方はどうですか?お子様が自分の考えを言葉で表せるよう、繰り返し訓練します。

年齢に関係なく学ぶので多くの刺激があります。初級クラスで基礎力をつけた人から、上級クラスへ進みます。

 

CSAでは、具体的に何をしたら話せるか、を細かく指導します。形だけではない、しっかりとした基礎を学び、賢い言葉で話せるようになります。何度も発表し、公の場で話すことに慣れる道場です。

講座の流れ

 

1.講座を受け、文章の作り方を学習

2.自宅で課題をワープロソフトで作文し、メールで提出

3.講師が文章展開と表現を指導

4.原稿を完全に記憶

5.オンライン(zoom)で発表

6.クラスメイトの発表を聞き、みんなで分析

7.分析/評価を基に更に訓練

8.新しいテーマで次のShow and Tellを実行

 

受講方法


講座はzoomを使うオンラインシステム。送られてくるURLをクリックするだけで自宅からレッスンを受けられます。通学の負担が軽減されます。

 
 
定員・日程


各10名・月4回

①月曜日クラス

②火曜日クラス

いずれも夕方 5:30~6:30

 

【退会するとき】

退会するときは、前月の5日までにメール(mail@commskill.net)で申し出てください。
【例】9月から退会する(8月末日まで受講)するときは8月5日が締め切り

 

受講規約(必ずご覧ください)

プライバシーポリシー

 

 

無料説明会・体験会開催中

詳しくはこちら

https://resast.jp/page/event_series/54048

 

開催日時
2020年4月 6日(月)
開場 17:15
開始 17:30
終了 18:30
場所 オンライン

参加費

モニター価格 先着10名様特別価格

月額 5,500円

※モニターの方は期限の定めなく特別価格です。

(定価は月額9,900円)

支払方法

銀行口座振替

※手続き終了までは、振り込みをお願いします。

また、PayPalでの継続支払いを希望される場合は別途手続きします。

定員 10  名
申込受付期間2020/3/15(日) 00:00 ~ 2020/4/ 5(日) 20:00まで
主催者コミュニケーションスキル協会
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert

コミュニケーションスキル協会(CSA)

Mission
論理的に、かつ鮮やかな言葉で自分の考えを強く伝える人を育てます。
Senmon
言語コミュニケーション プレゼンテーション 話し方 パブリックスピーキング コミュニケーションスキル

日本コミュニケーション学会元理事(副学術局長)
TOEIC 990点
元大学准教授
博士号(専門:コミュニケーション学) 代表理事 野中アンディ

福岡県春日市出身。

専任教員として関東学院大学(講師)、中村学園大学(准教授)で対人コミュニケーション、パブリック・スピーキング、ビジネス英語などを教える。

・プレゼンテーション福岡主宰
・2018年度国立工業高等専門学校英語プレゼンテーション九州大会審査委員長
・福岡県タレント発掘事業ロジカルプレゼンテーション担当(小学校5-6年生アスリート)
・大学入試センター試験英語問題作成委員(2007-2008年度)

また非常勤講師としてもフェリス女学院大学、西南学院大学、福岡大学他で教えるなど経験豊富。趣味はゴルフと料理。

大学時代にアメリカに交換留学生として留学したのですが、そこで最初に受けた授業がコミュニケーション学の基礎であるパブリックスピーキングの授業、俗にいうプレゼンテーションでした。
その時私は大きな衝撃を受けたのです。なぜならアメリカ人は言葉を使って人を説得するために論理を駆使し表現を工夫し非言語を最大限に使う訓練をその授業でやっていたからです。このパブリックスピーキングを日本に広めなければ日本人は世界に負けてしまう!そう強く感じた私は日本に帰り、大学でこの科目を教える教員になろうと決心したのでした。
そのため再度アメリカに戻りコミュニケーション学で修士号を、そして日本に戻り博士号を取得しました。現在は大学を辞め、パブリックスピーキング(例えばスティーブ・ジョブズがやったようなプレゼン)を通して言葉のセンスを一気に伸ばす講座を展開しています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja#embed/report-home/a101732771w149037491p153932509/
Copyright (c) 2010-2017コミュニケーションスキル協会
Powered by reservestock