Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
トランスフォーメーションゲームお試し
(2人以上でお申し込みください)
2.5時間のショートゲームでゲームの魅力体験
このような方にオススメ
ゲームに興味があるけれど、どんなものかな?と思っている方へ
期待できる効果
ゲームを通して自分の目的を明確にし、そのステップを知る
内なるワークを通して、  柔軟でヘルシーな心を育み、  意識の進化をファシリテートすること
Professional
 
 
 ファシリテーター
いがらしかおり
内なるワークを通して、 柔軟でヘルシーな心を育み、 意識の進化をファシリテートすること
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーター(2019年取得)
●エサレンマッサージプラクティショナー(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲームファシリテーター(2005年取得)
●フルフィルヒーリング(2000年)
思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、トランスフォーメーションゲームや、バイロンケイのザ・ワークなどに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。
 
 
北スコットランドのフィンドホーンで生まれたスピリチュアル人生ゲーム
「トランスフォーメーションゲーム」。
まず、意図(目標)を決めたら、それにしっかりとコミットしてから始めます。
 
すごろくのようにさいころをふり、出た目の数だけ進みます。
 
そのマスは「祝福の場」であったり、「洞察の場」や「後退の場」、
「天使の場」や「奇跡の場」、「意気消沈の場」なんていうマス目もあります。
 
夢や目的の実現を無意識にブロックしているものや
パターンを手放し、本来の強みや可能性を認め
人生を生きられるよう「気づき」や「洞察」が得られます。
 
天使のサポートを受けながら、「痛み」を取り除き、
肉体、感情、精神、スピリチュアルの4つのレベルを進んでいきます。
 
また、グループでプレイし、お互いにシェアすることで、
物事の相互関連性が手に取るように見えてきます。
 
トランスフォーメーション(transformation)とは変容のこと。
変容の後はさなぎが蝶にかわるように、
形も、風景も、すべてが違ったものとなるでしょう。
 
 
もとはと言えば、チベットのお坊さんたちのゲームからヒントを得て、
西洋風にアレンジしたものとのこと。
また、フィンドホーン・コミュニティの基本である
「日常をスピリチュアリティの実践の場とする」
という考え方を具現化したゲームともいえます。
 
ワークショップゲームだと丸1日プレイしたりしますが、
ショートバージョンで「ゲームってどんな感じ?」という疑問にお答えします。
 
※一人でできるSOLOゲームバージョンもありますが、今回は2人から4人でプレイするボックスゲームをお届けします。

 
<こんな時に>
●自分を知りたい。自分の可能性や強さを発見したい。
●人生の転換期(健康、キャリア、結婚、恋愛関係の変化など)をサポート。
●職場、友人関係、パートナーシップなど人間関係の改善に。
●夢や目標の実現を妨げるブロックを認識し、取り除くための洞察と具体的な方法を探る。

 <参加準備>「私は○○○○を意図します」。文章でゲームの目的(ゲームでは意図といいます)を考えてきてくださいね。

 
Mさんの感想より

ゲームの盤上で起こったことなのに、現実の体験のようで、あまりの体験の量、情報量にハイな状態になっていました。変容、奇跡が起きた!

かおりさんとの出会いも奇跡でした。奇跡とは、「私」ではない大いなるところから起きるもの、でも私が願っていたことでもある。
共通点が驚くところで幾つもありましたが、今お会いできたことが、これからの一歩を踏み出す私にとってのインスピレーションの女神の存在のように感じました。

盤上を見守り続けてくれたのが、「真実」の天使、であった こと。「真実」は私の願望であり、生と死は私の人生のタイトルのでしたので、私の人生が映されているようでした。引いたカードも現実の鏡のようで、キツイところもあったのですが、香緒里さんの存在が湖の中から現れた聖霊のようにそこに現れていてくれて、私が話したことを受け取り、塊の体験を金や銀の玉にして私に手渡してくれました。
 コマが動くごとに新たなセットバックや痛み、気づきが現れ、その都度人生を振り返り、また恩寵ともいえることが起き、香緒里さんと一緒にハレルヤの歌を歌ったり。あれは恩寵でした。「自由」の天使が最後に現れてくれたのも、私が香緒里さんを知った本のタイトルでもあったこと、「born  to be free  」 何のために生まれてどこに行こうとしているのかという私のテーマの答えはもう初めからあったのです。

他のどこでも感じたことがない、あれは本当にこの地球上の時間と空間だったのだろうか、と。
かおりさんの瞳の深さも。



Kさんの感想より

先日のトランスフォーメーションゲーム、どうもありがとうございました。
忘れられない1日になりました。
あの日の得たモノは、頭での理解は到底無理かと思います。
それでも、いま少しづつ、自分なりに振り返りをはじめています。

力んだり、考えたりするのでなく、ただ幸せを感じて生きていることに感謝していていいんだ。
そんな気持ちになりました。

ベースをそこに置き、まるで降るように起きる奇跡を、素直に「ほしいです」と受けとればいいんですね。

ラベルは不要、ただ私で居続けることが
私のやることなんだと、感じました。

素晴らしいファシリテーションをありがとうございました。
素晴らしい出会いを、素晴らしい時間を、愛あるメッセージをたくさんたくさんありがとうございました。


Tさんの感想より

このゲームをやっていると、この中に私達のハイヤーセルフが一緒になってゲームに参加して、
カードと言うツールを通して沢山のメッセージを語りかけてきているのを、強く感じました。

そして、ゲームが終わり、日常生活に戻ってからも、意図した事が私の中で、動き出しているのを感じました。

仕事の面で、以前より動きが活発になってきたり、他の方と何かをやるような流れがやってきたり、
女性性を封印してきた事に気づき、その辺りと向き合い、女性らしさを大切にしていくようになったり、
沢山の事が動き出しているように感じました。

ゲームは、やった後も確実に、サポートされ、変容へと導かれているようです。本当に、奥が深い、素晴らしいゲームだなと、終わった今も感じています。そして、かおりさんのサポートも本当に素晴らしく、感動し涙が溢れてしまう程でした。本当に、ありがとうございました。

 

 
トランスフォーメーションゲームの「ボックスゲーム」と言われるもの。
上から俯瞰するとケルト模様が浮かび上がります。
 
 
さいころを振って、人生の道を歩いていきます。
 
 
開催日時
2019年9月29日(日)
開場 12:45
開始 13:00
終了 15:30
場所  Epiphany(東京都府中市)お申込みいただいた方に地図をお送りします。
お申込みいただいた方に地図をお送りします。
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

お2人様以上(おひとり様3,500円)で申し込み受け付けます。

 

支払方法

おひとりあたり当日現金3,500円をご用意ください。お釣りのないようにご協力お願いします。

定員 3  1
申込受付期間2019/9/ 4(水) 12:34 ~ 2019/9/29(日) 12:45まで
主催者いがらしかおり
 
 
 
 
Profile
Professional
ファシリテーター

いがらしかおり

Mission
内なるワークを通して、 柔軟でヘルシーな心を育み、 意識の進化をファシリテートすること
Senmon
バイロンケイティのワーク ストレスやブロックからの解放

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●バイロン・ケイティのザ・ワークの公認ファシリテーター(2019年取得)
●エサレンマッサージプラクティショナー(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲームファシリテーター(2005年取得)
●フルフィルヒーリング(2000年) 思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づく。そこでの生活を通し、トランスフォーメーションゲームや、バイロンケイのザ・ワークなどに出会う。様々な背景の人たちと働く中、人をジャッジしてはいけない、と言われてもどうしていいかわからない。そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。現在はスカイプで世界中の人のストレスフルな思考に問いかけている。また、ワークショップ通訳の経験や、翻訳本”生まれながらの自由”(ナチュラルスピリット)もある。いま特に興味があるのは、日本女性のエンパワーメント。

  kaorigarashi
B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock