Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
子供たちが豊かな才能を自由自在に表現し
幸せな未来を実現して欲しいママのための座談会
このような方にオススメ
子供たちの才能を伸ばしたい、夢を叶える力をつけて欲しいと願うお母さんや子供たちの教育に携わる方
期待できる効果
子供たちの心と才能が育まれるために大人である私たちができることを深めることができます
人々が響きあう自然を取り戻し、内外の自然と共生・共鳴を果たすこと
Expert
 
 
nico harmonious 天命ストーリーライター / 発酵道 / ひふみ神示
ろっぺん(鈴木 智子)
人々が響きあう自然を取り戻し、内外の自然と共生・共鳴を果たすこと
 
天命ストーリーライター
発酵道ラボ主宰

これから、私たちはいかに生きるべきか。
生きとし生けるものたち、微生物たちに学ぶ、発酵する生き方。
いのち本来の自然に生きる生きる生き方を、発酵道、天命ストーリー、ひふみ神示を通じてお伝えしています。

0.1%の人たちに支配されていた腐らない貨幣経済が終わりを迎えようとしています。腐らない貨幣がいくらでも生み出されている経済が終わります。わたしも、本当に偶然、とあるきっかけでそれを知る機会に恵まれました。ある書籍の翻訳に参加して、知らないことだらけの衝撃。ショックなこともたくさんあり、愕然とする内容の数々。でもそんな灰色の支配からこの世界を救おうと立ち上がってくれた人たちによって、地球は、世界は生まれ変わろうとしています。

それなのに、ほとんどの日本人はかつての私同様、知りません。日本人の巫女のような受容力の高さは、すばらしいものです。でも、今時点では、その受容力は、諸刃の剣。不自然であっても、違和感があっても、仕方ないと受け入れてしまう。支配、洗脳されたまま、その生き方で満足する道を見つけるしかない。自らそのような生き方を選択してしまう。この世界はまさに変わろうと、激変のさなかにあるのに、日本だけが変わっていません。
それゆえ日本の目覚めは世界一遅いと言われてしまっています。

本当にこれでいいのでしょうか?
こどもたちにまでそのような生き方を受け継いでしまっていいのでしょうか?

真実を知ることや翻訳と前後して、発酵道やひふみ神示、これからどうしても伝えていきたいと思うものに出会いました。私自身、海外にあこがれ、海外も見てきたけれど、ちゃんと伝えるべきものが日本にあるのです。
発酵する生き方、そして、ひとりひとりに宿る神を張り、神を満たし生きること。それまで私が追求し伝えつづけていた天命、天..
 
 
 
 
子供って天才!!!
 
 
 
 
 
 
子供たちと接したことのある方なら
 
一度は必ず感じたことがある、輝きを感じる瞬間。
 
ありますよね。
 
 
 
 
 
 
 
そんな光り輝く原石、才能の源泉を伸ばしたい
 
自由に自分の才能を表現して欲しい、幸せになってほしい
 
子供たちに夢を叶える力をつけてほしい、応援したい
 
 
 
 
親なら誰でもそう願うことでしょう。
 
 
 
 
でもその一方で、
 
今のように変化の激しい時代に、本当に幸せに生きる力ってなに?
 
本当に必要な学びってなんなの?
 
英語の早期教育?
 
理系教育?
 
それとも・・・・?
 
 
 
 
昭和、平成の時代を生きてきたお母さんたちにとっては
 
こどもたちがこれからの未来を幸せに生きる力とは何なのか、
 
さまざまな情報が溢れすぎているがゆえに、何を選択すべきかわからない、
 
そんな時代とも言えるでしょう。
 
 
 
 
もちろん、私もその不安を感じていた母親のひとりでした。
 
 
 
心のどこかで、私たちが受けてきた従来型の教育では
 
まずいのかもしれない、だからといって私たちに何ができる?
 
どうしたらいいんだろう?
 
何が必要なんだろう?
 
いい学校に通わせた方がいいって本当?
 
そもそもいい学校ってなに?
 
 
 
問いは永遠につづくように感じるかもしれません。
 
 
 
 
でも、これからは人生100年時代です。
 
子供たちが幸せに生きることへの不安は、
 
実は決して子供たちのことだけではなく、私たち世代も当事者なのです。
 
 
 
子供たちにとっても、お母さんにとっても
 
これからの時代を幸せに大切なこと。
 
 
 
未来を豊かに、幸せに、自由自在に生きるために
 
私たちは何を大切にしたらいいのか。
 
どう生きたらいいのか。
 
 
 
この場では私が学んだこと、学んでいることもお伝え
 
させていただきますが、幸せな人生を願う人が集まり、
 
互いに気づきあったり、ともに響きあうことで
 
より良い人生を生きるヒントがたくさん得られるはず。
 
そう思い、座談会形式としています。
 
 
 
いろんな想いを携えているお母さんや大人たちが
 
幸せに生きるってどう生きることか。
 
才能や可能性を広げて、自由で豊かに生きるにはどうしたらいいのか。
 
 
さまざまな意見をざっくばらんに交流できる場にしたいと
 
思っています。もちろん安心の場で。
 
 
ぜひ、この場を活用して
 
子供も大人も、笑顔で人生を豊かに生きられる
 
ヒントをたくさん持ち帰ってくださいね!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開催日時
2019年7月 3日(水)
開場 9:25
開始 9:30
終了 11:30
場所 オンライン(お好きな場所で♪)
オンライン(お好きな場所で♪)
参加費

1500円

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込またはクレジットカード(Paypal)

定員 4  名
申込受付期間2019/6/21(金) 00:00 ~ 2019/7/ 3(水) 00:00まで
主催者ろっぺん(鈴木 心彩)
 
 
 
 
Profile
Expert
天命ストーリーライター / 発酵道 / ひふみ神示..

ろっぺん(鈴木 智子)

Mission
人々が響きあう自然を取り戻し、内外の自然と共生・共鳴を果たすこと
Senmon
天命ストーリーライター / 発酵道 / ライティング / ひふみ神示

天命ストーリーライター
発酵道ラボ主宰

これから、私たちはいかに生きるべきか。
生きとし生けるものたち、微生物たちに学ぶ、発酵する生き方。
いのち本来の自然に生きる生きる生き方を、発酵道、天命ストーリー、ひふみ神示を通じてお伝えしています。

0.1%の人たちに支配されていた腐らない貨幣経済が終わりを迎えようとしています。腐らない貨幣がいくらでも生み出されている経済が終わります。わたしも、本当に偶然、とあるきっかけでそれを知る機会に恵まれました。ある書籍の翻訳に参加して、知らないことだらけの衝撃。ショックなこともたくさんあり、愕然とする内容の数々。でもそんな灰色の支配からこの世界を救おうと立ち上がってくれた人たちによって、地球は、世界は生まれ変わろうとしています。

それなのに、ほとんどの日本人はかつての私同様、知りません。日本人の巫女のような受容力の高さは、すばらしいものです。でも、今時点では、その受容力は、諸刃の剣。不自然であっても、違和感があっても、仕方ないと受け入れてしまう。支配、洗脳されたまま、その生き方で満足する道を見つけるしかない。自らそのような生き方を選択してしまう。この世界はまさに変わろうと、激変のさなかにあるのに、日本だけが変わっていません。
それゆえ日本の目覚めは世界一遅いと言われてしまっています。

本当にこれでいいのでしょうか?
こどもたちにまでそのような生き方を受け継いでしまっていいのでしょうか?

真実を知ることや翻訳と前後して、発酵道やひふみ神示、これからどうしても伝えていきたいと思うものに出会いました。私自身、海外にあこがれ、海外も見てきたけれど、ちゃんと伝えるべきものが日本にあるのです。
発酵する生き方、そして、ひとりひとりに宿る神を張り、神を満たし生きること。それまで私が追求し伝えつづけていた天命、天職に生きる生き方とも通じる、自然を取り戻し、本来の自然に生きることつながっていました。

どんな小さな微生物たちも、それぞれに宿っている神さまを満たして、天命を全うしています。
腐ることは悪いことではありません。腐るのも自然の営みのひとつ。悪いものは腐らせてくれる微生物たちがいて、腐り、還る。そうしてめぐるのが自然の営みです。

わたしは、日本が大好きです。私たちが日本に生まれてきたことを誇りに、大切にしたい。
でも、今私たちの住む日本は、ちゃんと腐らせるべきものは腐らせ、めぐり、循環させ、そして心、魂、身体を満たし、発酵させるべきものを未来に残さなければなりません。

ライティングや、発酵道、ひふみ神示の伝承を通じて、本来の自然を取り戻し、響きあう、発酵する生き方をお伝えしています。この日本に生まれたひとりとして、あなたのいのちを心置きなく響かせてください。

--- ---
屁聖(へせい)・ろっぺん by 大仏師匠
時には可愛く、時には華麗に、時にはクールで、時には切なく、自由自在に屁の詩をつむぎだす天衣無縫のへーティスト。
この世の森羅万象を一枚の色紙に封じ込める筆技「聖(セイント)にぎりっぺ」が放たれると、感動と香りで依頼人の9割は気を失う。気を失わない1割に出くわすと、逆に本人がハシビロコウの如く緊張し、「人間だもの」しか言えなくなるのが唯一の弱点。

屁聖ろっぺんの理念:「みんな、おならもん。」
岡本弥太詩賞 最優秀賞受賞 / 『詩とファンタジー』掲載

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2020 Tomoko Suzuki All Rights Reserved.
Powered by reservestock