Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
ドーピングから身を守るための最低限の基礎知識と事例紹介
H_taisho
ドーピングの基礎知識を学びたい方
H_kitai
ドーピングとの付き合い方がわかる

「ドーピングの知識」

選手をドーピングから守るための
最低限の基礎知識と事例紹介

 

 

 

―        講演趣旨  ―

 

 

皆さんは、

ドーピングと聞くと

何を思い浮かべますか?

 

 

一昔前では、

ドーピングとは選手が

禁止された薬物やサプリメントを使い

自分自身の能力を高めて結果を出す

という認識が一般的だったと思います。

 

 

かつて

アメリカの大リーグ野球では

ステロイド剤によって

筋肉を増強する手法が流行りました。

 

 

自転車界では

過去に7回もツールドフランスを制覇した

アームストロング選手が

テレビでドーピングを認めました。

 

 

ある種、

スポーツ科学などが発展する裏では

このような卑怯な手口で

勝とうとする選手がいました。

 

 

現在は、

ドーピング検査が非常に

厳しくなっています。

 

 

しかし、

それでもドーピング検査で陽性反応を

示す選手が後を絶ちません。

 

 

その背景には、

ここ最近のアスリートを取り巻く

環境は大きな変化が起きています。

 

 

それが、

相手を潰すためのドーピングと、

知識不足からの「うっかりドーピング」です。

 

 

日本では去年の1月に

非常にショッキングな

ニュースが流れました。

 

 

2020年東京五輪を目指していたある

カヌー日本代表候補選手が

後輩であるライバル選手の飲み物に

禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを

混入させたことが明らかになったのです。

 

 

混入した選手の告白がなければ、

後輩である選手は一生ドーピングの汚名を

背負いながら生きることに・・・

 

 

このように、

ドーピングを逆手にとって

ライバル選手を蹴り落とす手法が

日本だけでなく海外では一般常識に。

 

 

またうっかりドーピングでは、

家族の風邪クスリを飲んでしまったことで

ドーピングに引っかかる選手がいます。

 

 

となると、

選手を守るためには

選手自身がドーピングの知識を

しっかりと理解する必要があります。

 

 

それだけでなく、

ドーピングから身を守るためにも

サポートする側の基礎的な知識も

必要不可欠です。

 

 

今回、

現役の薬剤師でありながらも

日本ではとても少ない

現役のスポーツファーマシストである

曽根ゆかりさんをお呼びして

最新のドーピング事情を

皆さんと学んでいきたい思っています。

 

 

ー  曽根さんが伝えたい事…  ー

 

1.選手は薬が飲めないから気合で治すしかない!
は違うということ

 

2.自分がドーピング対象選手であることを
自覚して伝えることが大事

 

3.理由は何であれ、
口に入れるものは全て自己責任である

 

4.故意的でなくてもドーピング陽性となれば
多くの場合年単位で出場停止となる

 

5.   限られた選手生命や積み重ねた努力を
ドーピングで無駄にしてほしくない

 

 

 

ー  講演内容  ー

 

  • そもそもドーピングって何?
  • なぜドーピングがNGなのか?
  • 身近に潜むドーピングの対象となるものは?
  • 実際にあったドーピング事例
  • 選手が薬やサプリメントを使用したいときの確認方法
  • ドーピングを防ぐために自分たちができること

 

 

ー  講師の紹介  ー

曽根ゆかり スポーツファーマシスト

曽根由佳里
Yukari Sone

 

 アスリートフードマイスターとスポーツ薬剤師の資格を持つハイブリット栄養アドバイザーとして活躍。食事面だけでなくドーピングについての知識を伝えるとともに予防医学の視点から病気やケガに強い選手の身体作りを応援している。
 
 
 
サポート実績
スキーオリンピック候補選手
サッカー選手
キックボクシング選手
ビーチバレー選手
小中高サッカー選手
などなど…
 
 
Q&A
1、当日、遠方で東京に行けません。動画でも視聴出来ますか?
 
→はい、視聴可能です。オンラインを使った動画視聴方法になります。セミナー開催後3日以内に視聴URLをメールにてお知らせいたします。
 
2、子供ですが参加できますか?
 
→はい、お子さんの参加も可能です。最年少は小学校3年生から受講いただけます。
 
3、申し込みしたのにメールが届きません。
 
→下記を参考にメールのご確認をまずはお願いいたします。それでもメールが確認できない場合は、下記のメールアドレスにご連絡ください。 redeparture.inc@gmail.com 
 
 
※ヤフーなどのフリーメールは迷惑メールのフォルダに入ることがありますので、
その際は、迷惑メール解除をお願いします。
 
※携帯の機種によっては一部登録できないものもあります。
登録できない方はパソコンからの登録をお願いします
 
※携帯電話ではPCメール受信拒否になっている場合は、メルマガが届きません。
恐れ入りますが、下記を参考に受信の設定をお願いします。
 
その後、もう一度読者登録をしていただけますよう、お願いします。
 
 
●docomoの場合
 
受信の設定方法
 
 
 
●auの場合
 
受信の設定方法
 
 
●Softbank
 
受信の設定方法
開催日時
2019年9月29日(日)
開場 17:45
開始 18:00
終了 20:00
場所 COHSA SHIBUYA 2階
渋谷区渋谷4-5-5
ホームページ
参加費

一般参加者5400円

スペース加入者2700円

スペース+資格講座卒業生は1080円

支払方法

住信SBIネット銀行 

法人第一支店(106) 

普通1344364

一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会

定員 30  名
申込受付期間2019/6/13(木) 18:20 ~ 2019/9/29(日) 17:45まで
主催者鈴木颯人
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
ドーピングから身を守るための最低限の基礎知識と事例紹介 、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
プロスポーツメンタルコーチ

鈴木颯人

Mission
人生の目的・「スポーツを通じて『人の幸せに貢献』する。」 コーチングの使命『全ての人が自分の可能性に従って生きていける社会』を創ること。」
Senmon
脳科学 心理学 メンタルトレーニング スポーツメンタルコーチ スポーツメンタルトレーニング

1983年イギリスで生まれ、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれました。幼少から野球をやってました。東京の駒澤高校にスポーツ推薦で入学するも1度もメンバーに入る事が出来ませんでした。なぜ活躍出来なかったのか?原因を探る為に脳科学や心理学を学び、様々な競技で活躍する選手を研究し、そのノウハウを生かしたコーチングを極限の集中力を要するトップアスリートを中心に提供しております。現在はトライアスロンを通じて一生現役でトップアスリートを支援してます。 最新の脳科学、心理学を駆使したコーチングを提供しております。


☆コーチング実績☆
リオオリンピック陸上選手
U-18アイスホッケー日本代表(男子)
ロンドンオリンピック競泳選手
プロサッカー選手
大学野球(日本代表)
トライアスロン(日本代表)
陸上競技
プロゴルフetc..

  xrkxw649
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Re-Departure, LLC. All Rights Reserved.
Powered by reservestock